> > > > 当たった人は1年幸運が続く!日本でも買えるフランス菓子ガレット・デ・ロワ

,,,,,,,,,,,,, | グルメ,フランス,ヨーロッパ,東京都23区,関東

当たった人は1年幸運が続く!日本でも買えるフランス菓子ガレット・デ・ロワ

ライター: 北川菜々子
更新日: Jan 11th, 2017

ガレット・デ・ロワはアーモンドクリームの入ったパイ生地にフェーヴと呼ばれる陶器の人形が入ったお菓子。1月6日の公現祭にフランスではガレット・デ・ロワを食べる習慣があります。

このフェーヴに当たった人は1年間幸運が続くと言われているのです。近年、日本でもガレット・デ・ロワは親しまれつつありますね。

ガレット・デ・ロワのに込められた意味とは何でしょう。またフランスではどのようにガレット・デ・ロワがおこなわれるのでしょうか。


ガレット・デ・ロワの意味

フェーヴに当たった人は1年間幸運が続く!フランスのガレット・デ・ロワ

遠い昔、ガレット・デ・ロワは夜が一番長い冬至におこなわれました。本来は新年を迎える喜びを祝う習慣であったそうです。フェーヴはフランス語で「そら豆」を意味します。

そら豆は当時、春一番に収穫される野菜でした。ガレット・デ・ロワのフェーヴは生命の誕生を表すシンボル。その象徴がいつの間にか幸運を意味するようになったのです。

また、ガレット・デ・ロワの「ロワ」とはフランス語で「王」を意味します。ガレット・デ・ロワはキリスト教とは無関係のヨーロッパの風習ですが、長い歴史の中でこのガレット・デ・ロワのロワ(王)はキリスト教の王の象徴である東方の三博士に当てはめて思い描くようになりました。

食べる際に、フェーヴに当たった人は王様になる、というゲームのような習慣がいつの間にかでき、王は東方の三博士を表すようになりました。

ガレット・デ・ロワはどのようにおこなわれるの?

フェーヴに当たった人は1年間幸運が続く!フランスのガレット・デ・ロワ

家族で食べる時は一番年の小さな子どもがテーブルの下に隠れ名前を呼びます。すでに人数分切り分けたガレット・デ・ロワを呼ばれた人が順に選びます。フォーヴに当たった人は王様の冠をかぶるそうです。

次は東京でガレット・デ・ロワを購入できるお店をご紹介!

ガレット・デ・ロワを東京で購入してみましょう


東京でもガレット・デ・ロワは購入することができます。今年のパティスリー・サダハル・アオキ・パリのガレット・デ・ロワは2種類。伝統的なアーモンドクリームのガレット・デ・ロワとほろ苦いキャラメルとヘーゼルナッツ味のキャラメルノワゼットのガレット・デ・ロワ。ジョエル・ロブションやラデュレでも販売されていますよ。

[パティスリー・サダハル・アオキ・パリ]
[ジョエル・ロブション]
[ラデュレ]

東京では一月の中旬までガレット・デ・ロワを購入できるそうです。新年のおもたせにもぴったり。フェーヴに当たるかどうか、新年の運試しをしてみるのも楽しそうですね。


[L’Express]
[Photos by shutterstock.com]

北川菜々子

Nanako Kitagawa ライター
2007年よりフランス在住。パリ第八大学大学院を卒業。専攻は文化コミュニケーション。趣味は映画、読書、写真、雑貨、料理、街歩き、カフェ巡り。初めて訪れたその日からすっかりパリの街に魅了され、今日も旅をするようにパリの街を歩き回る。


,,,,,,,,,,,,, | グルメ,グルメ,グルメ,フランス,ヨーロッパ,東京都23区,関東