TABIZINE > ヨーロッパ > ポルトガル > グルメ > ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド

ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ショップのオープンと、新たな目標

ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド&ショップ
(C) facebook/FEITORIA DO CACAO

そしてついに、2015年12月にはアヴェイロでチョコレート・ショップ「FEITORIA DO CACAO」(フェイトリア・ド・カカオ)をオープン。地元の新聞やラジオ局が取材に来るほどの話題を呼びました。

ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド&ショップ
(C) facebook/FEITORIA DO CACAO

店内にはリラックス・スペースのソファも。お二人のホスピタリティが感じられますね。ですが、菅さんとスーさんの挑戦はまだ始まったばかり。実は、お店を開くきっかけにもなったサントメ・プリンシペ民主共和国産のカカオを取引条件の関係でまだ取り扱えていないのです。現在は主に中南米産のカカオを使用しているそうですが、決して夢を諦めたわけではないので、いつか必ずサントメ・プリンシペのチョコレートを作りたいと菅さんは語ってくれました。

菅さんたちが品質にこだわって作る、異国情緒あふれるチョコレート。日本での取扱店もあるので、ぜひ食べてみたいですね!

■問い合わせ先(日本輸入代理店)
アンコンプレ

■販売店舗
カカオストア テオブロマ
住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-6-8
電話:03-3460-1726

PLAZA GINZA
住所:東京都中央区銀座5-3-1 ソニービル B2F・B1F
電話:03-3575-2525

[FEITRIA DO CACAO]

倉田直子

Naoko Kurata ライター
オランダ在住ライター。元バックパッカーの旅行愛好家。2004年に映画ライターとしてデビュー。2008年、北アフリカのリビアへ移住後に海外在住ライターとして活動スタート。2011年から4年間のUKスコットランド生活を経て、2015年夏にオランダへ再移住。著書「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間」
https://www.amazon.co.jp/dp/B0758JCDTM/


, | グルメ,ヨーロッパ,ポルトガル,グルメ


ポルトガルのグルメ関連リンク

Quinta da Pacheca Quinta da Pacheca
シントラ1 シントラ1

ポルトを訪れる前に知っておいたほうがいい3つのこと ポルトを訪れる前に知っておいたほうがいい3つのこと
発見、超ジャンクな伝統料理!リスボンから日帰りでポルトのワイナリーと地元グルメ 発見、超ジャンクな伝統料理!リスボンから日帰りでポルトのワイナリーと地元グルメ
外国人が困惑する世界の料理TOP20 外国人が困惑する世界の料理TOP20
【ポルトガル発】初夏にぴったりの飲み物、ヴィーニョヴェルテで乾杯! 【ポルトガル発】初夏にぴったりの飲み物、ヴィーニョヴェルテで乾杯!
ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド&ショップ ポルトガル在住の日本人女性が、現地の友人と始めたチョコレートブランド&ショップ
もったいなくて食べられない?フランス女性直伝のヒョウ柄ミルクパン もったいなくて食べられない?フランス女性直伝のヒョウ柄ミルクパン
100円以下でこれだけ買える&できる! 世界の物価を検証 100円以下でこれだけ買える&できる! 世界の物価を検証
1 2 NEXT

#アヴェイロ #チョコレート



グルメ ヨーロッパ ポルトガル グルメ