TABIZINE > 中部 > 静岡県 > グルメ > 【伊豆グルメ】甘い煮汁がたまらない!漁師風甘辛金目鯛の煮付けが美味すぎる

【伊豆グルメ】甘い煮汁がたまらない!漁師風甘辛金目鯛の煮付けが美味すぎる

Posted by: 青山 沙羅
掲載日: Aug 13th, 2016. 更新日: Jan 17th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

首都圏からも近い伊豆は、夏がなんといっても魅力的な季節。あなたも、潮風に涼を求めて出かける予定があるかもしれませんね。立ち寄りたいのは、美味しいお魚を食べさせてくれる店。今回はこちらのお店の暖簾をくぐってみました。


新鮮なお刺身を食べよう

【南伊豆グルメ】甘い煮汁がたまらない!漁師風こってり甘辛金目鯛の煮付けが美味すぎる
刺身各種盛り合わせ 2,000円(税別)
(C) Hitomi Ikeda

新鮮な刺身は、とろけるような美味さ。地魚をメインに、伊東、沼津で揚がった魚だそうです。

お店のイチオシ!金目鯛煮付け定食

【南伊豆グルメ】甘い煮汁がたまらない!漁師風こってり甘辛金目鯛の煮付けが美味すぎる
金目鯛煮付け定食 2,200円(税別)
(C) Hitomi Ikeda

南伊豆町に隣接する下田市は、金目鯛の水揚げ量が日本一の港。店のご自慢「漁場煮」と呼ばれる漁師風の金目鯛の煮付けが美味すぎるのです。生から煮付けた金目鯛は、身はホッコリ、脂ものっています。ツヤツヤ輝く金目鯛の赤と、煮汁の黒々とした色がマッチ。大きな目玉の周りはコラーゲンたっぷりなので、美肌を保ちたいあなたにピッタリ。ご飯のオカズ、酒のツマミになるように「コッテリ」、「濃い目」に作っているそうで、甘い煮汁だけでごはんがすすんでしまいますよ。

煮付けも良いけど、フライもイイ

<span class="red"【南伊豆グルメ】甘い煮汁がたまらない!漁師風こってり甘辛金目鯛の煮付けが美味すぎる
カキフライ定食 1,500円(税別) 
(C)Mai Fukuda

甘みを感じる野菜の天ぷら

【南伊豆グルメ】甘い煮汁がたまらない!漁師風こってり甘辛金目鯛の煮付けが美味すぎる
野菜てんぷら 1,400円(税別)
(C)Mai Fukuda

11種類もの野菜の天ぷらの盛り合わせ。天ぷらにすることによって、野菜の甘さが凝縮。

お店の目指すもの

【南伊豆グルメ】甘い煮汁がたまらない!漁師風こってり甘辛金目鯛の煮付けが美味すぎる
(C)Mai Fukuda

来てもらった人に、ここのお店に来て良かった! と思ってもらえることを常に目指しています。メニュー掲載の写真の上を行く料理を出して、お客様の喜ぶ顔や驚く顔を見ることが、お店のこだわりで、経営していく上での楽しみだそうです。

店長からひとこと「おか田の人気は、金目鯛の煮付けです。ぜひ食べに来てください!」

ゆったり食べられる時間帯

【南伊豆グルメ】甘い煮汁がたまらない!漁師風こってり甘辛金目鯛の煮付けが美味すぎる
(C)Mai Fukuda

夏休み(お盆の頃)、GW、お正月はかなり混みあうそうです。ピーク時間は13時~14時。ゆっくり味わいたい時は、この時間帯は避けたほうが良いかもしれませんね。ゆったり食べられる時間は、開店時の11時と17時頃。

金目鯛は一年中ありますが、旬は12月から2月。伊豆名物高足ガニ(タカアシガニ)の旬も12月から2月、あなたが水槽から選んだ高足ガニを、活き蒸しにして食べさせてくれます。日本近海の深海に住む高足ガニは、世界最大のカニとも言われています。一度食べてみたいですね。

日本人はやっぱりお魚が好き。ああ美味しかった、と満足して後にする店を覚えておきたいものです。

[伊豆の味 おか田]

(注)価格は2016年7月現在のもので、変更される場合がありますので、ご承知ください。

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファーの夫とNY在住。


,, | グルメ,現地ルポ/ブログ,中部,静岡県,グルメ,現地ルポ/ブログ


静岡県のグルメ関連リンク

上州太田焼そば 上州太田焼そば


海鮮てっぺん丼 海鮮てっぺん丼



昔懐かしい「熱海ラムネ」を熱海土産に! 昔懐かしい「熱海ラムネ」を熱海土産に!
静岡県熱海市・「熱海さとり本店」熱海抹茶クリーム大福 静岡県熱海市・「熱海さとり本店」熱海抹茶クリーム大福

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#おすすめ #伊豆 #金目鯛