> > > > ダークツーリズム連載【4】アフリカ奴隷貿易の拠点となった「ゴレ島」

ダークツーリズム連載【4】アフリカ奴隷貿易の拠点となった「ゴレ島」

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ダークツーリズム連載【4】アフリカ奴隷貿易の拠点となった「ゴレ島」

“旅立ちの日”が来ると、奴隷たちは海に面したドアからアメリカ行きの奴隷船に詰め込まれて行きました。このドアを通って外へ出て行った人たちは、二度と生きてアフリカの地を踏むことがなかったことから「Door of No Return(帰らざる扉)」と呼ばれています。

何千kmにも及ぶ大西洋の船旅では、奴隷は鎖に繋がれたまま身動きさえできないような劣悪の環境で過ごし、命を落とした者はその場で鮫の餌とされてしまったのだそうです。この奴隷貿易によって新大陸に連れて行かれた奴隷の数は、少なくとも1500万人にものぼると言われています。

今日の世界経済や歴史にまで影響を及ぼした、奴隷貿易の拠点「ゴレ島」。人類の負の歴史を改めて知ることは、未来への教訓をより一層学べる機会になるのかもしれません。

※現在の外務省の危険情報によると、セネガルのほぼ全域で「レベル1(十分注意)」、マリ国境では「レベル2(不要不急の渡航中止)」、南部では「レベル3(渡航中止勧告)」が発出されています。
■あわせて読みたい ダークツーリズム連載
【1】冷戦を象徴する「ベルリンの壁」はたった1日で建設された
【2】あれから15年。同時多発テロの悲劇を伝える「9/11メモリアルミュージアム」
【3】栄華と没落のモーターシティ「デトロイト」

[All Photos by shutterstock.com]

Nao

Nao ライター
メーカー、ITベンチャー勤務を経てフリーランスに。
学生時代から旅を続け、渡航国は現在50カ国。
特技は陸路国境越え。グルメレポート翌日に大学の最先端研究を取材したり、ロシア州知事にインタビューしたり。幅広い対応力とフットワークの軽さが自慢。日本ソムリエ協会認定資格ワインエキスパート保有。



| 観光,アフリカ,セネガル,観光


セネガルの観光関連リンク

ダークツーリズム連載【4】アフリカ奴隷貿易の拠点となった「ゴレ島」 ダークツーリズム連載【4】アフリカ奴隷貿易の拠点となった「ゴレ島」
1

観光 グルメ



観光 アフリカ セネガル 観光