TABIZINE > アフリカ > アフリカその他 > 観光 > 【行ってはいけない国】帰れなくなった地中海と砂漠の国リビア

【行ってはいけない国】帰れなくなった地中海と砂漠の国リビア

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

子供大好き!人懐っこいリビアの人々

【行ってはいけない国】帰れなくなった地中海と砂漠の国リビア
(c)Naoko Kurata

リビアの人々は、子供が大好き! 我が家の娘は生後7か月から2歳までリビアで生活しましたが、現地の人々には本当に可愛がってもらいました。上の写真は、シャワルマ(アラブのロールサンド)屋台のお兄さんに「抱っこさせて」と言われた際に撮影したものです。スーパーマーケットなどでも、よく同じように「抱っこリクエスト」をいただきました。

そして、可愛がってもらって有難いけれど困ったのが、娘へのお菓子プレゼント攻撃。言葉が通じなくても、ニコニコしながら通りすがりの見知らぬ老若男女が娘にチョコレートなどのお菓子をくれるのです。彼女がまだ離乳食を食べ始めたばかりの赤ちゃん時代でも容赦なく贈られました。せっかくのご好意を断るのも悪いので、「シュクラン」(ありがとう)と受け取り、後で筆者が美味しく頂きました。リビアのみなさま、その節は美味しいお菓子をたくさんありがとうございました。

街で見かける、カダフィ大佐のポスター

【行ってはいけない国】帰れなくなった地中海と砂漠の国リビア
(c)Naoko Kurata

筆者がリビア在住時には、国のリーダーはカダフィ大佐でした。1969年から40年以上国内で絶対的な権力を誇り、7男1女の子供にも恵まれていたので、このまま一族の権力の座は盤石だと思われていました。そのため、国中のあちらこちらに、カダフィ大佐の偉業をたたえる看板が貼り出されていました。

【行ってはいけない国】帰れなくなった地中海と砂漠の国リビア
(c)Naoko Kurata

実は筆者は、2011年2月に緊急脱出する際も、まだ事態を甘く見ていました。けれど避難するため空港に向かう車の中から、上のようにビリビリに破壊された大佐の肖像画を見て、事態の重大さを痛感しました。以前では、そんなことは不敬だとして決して許されないことだったので、国民の本気をそこで見せつけられた気がしました。

世界遺産の「レプティス・マグナ」

【行ってはいけない国】帰れなくなった地中海と砂漠の国リビア

あまりイメージがないかもしれませんが、リビアにはローマ時代の遺跡が数多く残されていました。その中でも代表的なのが、この「レプティス・マグナ」(Leptis Magna)。首都トリポリから東に130kmのところにあり、北アフリカを代表するローマ都市遺跡として1982年にユネスコの世界遺産にも登録されています。

【行ってはいけない国】帰れなくなった地中海と砂漠の国リビア
(c)Naoko Kurata

【行ってはいけない国】帰れなくなった地中海と砂漠の国リビア

(c)Naoko Kurata

この写真は、家族でレプティス・マグナを観光した際のもの。後ろに見えるトラヤヌス門がリビアの紙幣のデザインに使われていたため、そのお札を手にもって記念撮影しました。この雄大な遺跡たちに、再び観光客が訪れることができる日が早く来ることを願います。

,,, | 観光,アフリカ,アフリカその他,観光


アフリカその他の観光関連リンク


地上で最も暑い国、アフリカのジブチ共和国 地上で最も暑い国、アフリカのジブチ共和国
この景色が見られなくなるかも!今のうちに行っておくべき旅先5選 この景色が見られなくなるかも!今のうちに行っておくべき旅先5選
初のアフリカ旅行は決まり!アフリカ大陸で観光に適した安全な国3選 初のアフリカ旅行は決まり!アフリカ大陸で観光に適した安全な国3選
【行ってはいけない国】帰れなくなった地中海と砂漠の国リビア 【行ってはいけない国】帰れなくなった地中海と砂漠の国リビア
幻想的!スーダンの大量ピラミッド群に行ってみた 幻想的!スーダンの大量ピラミッド群に行ってみた
旅の達人たちが教える、人生最高の癒し旅8選 旅の達人たちが教える、人生最高の癒し旅8選
「真珠」と称えられる世界の美しき絶景7選 「真珠」と称えられる世界の美しき絶景7選
旅マニアのための怪奇イベントに潜入!想像以上にマニアックなその内容とは? 旅マニアのための怪奇イベントに潜入!想像以上にマニアックなその内容とは?
いつか行ってみたい!地球の大自然を肌で感じる7つの冒険 いつか行ってみたい!地球の大自然を肌で感じる7つの冒険
1 2 3 NEXT

#イスラム教 #スーク #リビア #北アフリカ



novicelogo

観光 アフリカ アフリカその他 観光