> > > > 一生に四度は見たい空からの絶景ートルコ・カッパドキア気球フライト/現地特派員レポート

一生に四度は見たい空からの絶景ートルコ・カッパドキア気球フライト/現地特派員レポート

ライター: DAISY
掲載日: Mar 4th, 2017.

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】


ラブバレー上空から


キノコ岩と、大自然が作り出す雄大な風景が堪能できるトルコのカッパドキア。言わずと知れた有名な観光地です。この数年にわたるテロの影響で観光客が少ない、静かな年になりそうですが、天候が許す限り毎朝気球のフライトは催行されています。

カッパドキアでこれほど気球フライトが盛んになったのは、15年ほど前からのこと。年間通じて風が穏やかで、ランディングにも適し広大な平野があるという、気球フライトに適した土地であることがあげられます。

現在では20社以上の気球会社が毎日フライトを運行させる、世界で類を見ない1年を通じて気球を楽しめる場所になりました。

日の出とともにテイクオフ


気球フライトは日の出に合わせて、テイクオフの時間がきまります。これは、早朝が1日のうちで一番風がなく穏やかなため。日の出の1-2時間前には、ホテルを出発し、テイクオフエリアに向かいます。かなりの早起きですが、こんな素晴らしい朝焼けが見れることもあります。

フライトスケジュール(冬)
6.30AM ホテル出発→オフィスで待機(フライト催行の決定を待ちます)
7.00AM テイクオフ エリアへ移動
7.15AM 気球テイクオフ
8.30AM 到着、パーティー
9.00AM ホテルへ送迎

※フライトのスケジュールは、季節によって変わります。ご予約の際にご確認ください。
※フライトは天候によってキャンセルされることもあります。

夏のフライト


観光のピークシーズンである夏では、同時に100機以上が大空を飛びます。その様子は、まさに圧巻。眼下に広がるカッパドキアの広大な大地を眺めながら、揺れもない穏やかなフライトの素晴らしさは、言葉や写真だけでは説明しきれません。

また、季節によっても大地の様子はがらりと変わります。花が咲き誇る春から夏、緑がみずみずしい真夏、葉が黄色に色づく秋、そして、真っ白な雪に覆われたカッパドキア。それぞれの季節に良さがあります。

一生に一度はみたい絶景・・・でも本当は、それぞれの季節を見るために一生に4回はみてほしい景色です。


「冬のランディング」

DAISY

DAISY 現地特派員
カッパドキアで、のどかな田舎生活を満喫中。 オヤのアクセサリーデザインと販売を手掛けながら、旅のコーディネートをしています。

,,, | トルコ,ヨーロッパ,現地レポート/ブログ,現地レポート/ブログ,絶景


トルコの現地レポート/ブログ関連リンク

213027-02 213027-02
トルコの名物土産ロクム 老舗「ハジュ・ベキル」2 トルコの名物土産ロクム 老舗「ハジュ・ベキル」2
Beyaz Fırın(ベヤズ フルン)4 Beyaz Fırın(ベヤズ フルン)4
213284-04 213284-04
旅漫画「バカンスケッチ」【14】日本人には見えてしまうもの 旅漫画「バカンスケッチ」【14】日本人には見えてしまうもの
211580-02 211580-02
211587-06 211587-06
イスタンブールのグランド・バザールに残るシルクロードの面影 イスタンブールのグランド・バザールに残るシルクロードの面影
週末が狙い目!イスタンブールの景勝地オルタキョイの魅力 週末が狙い目!イスタンブールの景勝地オルタキョイの魅力
人々を惹きつけて止まないイスタンブールの「青」の魅力 人々を惹きつけて止まないイスタンブールの「青」の魅力
1 2 3 4 5 NEXT

#カッパドキア #フライト #ラブバレー #気球