> > > > うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンのモノや文化11選

, | 現地レポート,イギリス,スライドショー,ヨーロッパ,豆知識

うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンのモノや文化11選

ライター: 鳴海汐
更新日: Apr 12th, 2018

日本と海外の文化ギャップ、ときには海外にあって日本にないものをうらやましいと感じることも。今回は、ダイソンのハンドドライヤーや週末の24時間地下鉄・バスなど、ロンドンで見つけた「日本にもあったらいいのに!」と思うモノや文化をご紹介します。

うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンから輸入したいモノ、文化11選
ロンドンにいる間にこれはいい!日本にはない!とトキメいていたものをご紹介します。


ダイソンのハンドドライヤー

うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンから輸入したいモノ、文化11選
(c)Shio Narumi

イギリスはさすがダイソンの国だけあって、お手洗いのハンドドライヤーはダイソン製ばかり。そしてどれも超強力!本当に短時間で手が乾かせます。

そしてこれは、ロンドンでなくケンブリッジにあるフィッツウィリアム美術館でみかけたハイブリッド型。手を洗ったら、横に伸びる羽部分から風が出てきてそのまま乾かせるという優れものです。

うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンから輸入したいモノ、文化11選
(c)Shio Narumi

駅貼りのポスターの美しさ

ポスターが並ぶ様が、ガチャガチャすることなく、美しいです。それぞれが洗練されたデザインということもありますが、ポスターのサイズがきちんと規定されていて、揃いのサイズの額に入って等間隔に並んでいることが挙げられそうです。長いエスカレーター沿いの壁、乗り換え時の通路の壁のポスターをみていると飽きません。

ビール1杯の気軽な飲み会

うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンから輸入したいモノ、文化11選
(c)Shio Narumi

日本のようにご馳走が並ぶ飲み会よりも、気軽に1杯といったスタイルが根付いているようです。1杯で済まないことももちろん多いですが、おつまみも食べないでビールだけのパターンにも慣れました。

燻製のサバ

うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンから輸入したいモノ、文化11選
燻製の鯖がとても美味しいです。グリルやフライパンで数分あたためて、脂がぐつぐつ浮いてきたら食べごろ。少し醤油をつけると、ごはんに合います!ドイツでもよく買いました。

クラシカルとモダンが調和した街並み

うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンから輸入したいモノ、文化11選
(c)Shio Narumi

ロンドンは歴史ある建物が美しいですが、そこに混ざる現代的な建物がいいアクセントになっています。クラシカルとモダンの共存が素晴らしいです。

ダイバーシティからくる解放感

やはりロンドンは、人口の半分が外国人と言われるようにまさに人種のるつぼ。誰にもみられていない気分で解放感があります。

野菜、果物、乳製品などが安いこと

うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンから輸入したいモノ、文化11選
食品の中でも特に野菜、果物には消費税がかからないこともあり、安いです。特にうれしいのは、日本では高い各種ベリー類が気軽に買えること。だいたいスーパーで1パック£2(約298円)くらいで、街中にある屋台のお店では£1(約149円)のことも!

ちなみにイギリスの牛乳は日本と風味が違うので、苦手な人も牛乳を好むようになるようです。

四川料理で日本にはない「水煮魚」が簡単に手に入るところ

うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンから輸入したいモノ、文化11選
(c)Shio Narumi

ロンドンではインド料理はもちろん、中華料理もかなり美味しいです。そして、メニューが日本と違うのが魅力。四川では、「水煮魚」というとても辛いチリオイルに白身魚やもやしなどが入っている料理がとても人気だそうです。なぜか日本では有名ではないですが、辛いもの好きにはたまりません!

週末の24時間地下鉄・バス

路線によっては金曜、土曜は24時間運行しています。夜遊び好きにはとっても重宝しますね。

テムズ川の開放感

うらやましい!日本にもあったらいいのにと思う、ロンドンから輸入したいモノ、文化11選
(c)Shio Narumi

ロンドンの中心地を流れるテムズ川。これが抜け感につながり気持ちのよいこと!夜景も素敵で、橋を渡るのはお気に入りの散歩コースでした。

ぶつかったら謝ること

ロンドンでは、少しでもぶつかったらきちんと「Sorry.」と言います。東京では、ぶつかっても無視、全く謝らない人も結構いるので、それに比べて、礼儀正しさが気持ちよいです。

[Photos by shutterstock.com]

鳴海汐

Shio Narumi ライター
イタリアはフィレンツェとタオルミーナの料理留学、イギリスはウエストン・スーパー・メアとケンブリッジの花留学を経て、現在はロンドンと神奈川を行ったり来たり(の予定)。飛行時間の大幅短縮が実現するよう、心から科学の進歩を願う水瓶座。


, | イギリス,ヨーロッパ,現地レポート,現地レポート,豆知識,豆知識