> > > > 【クラビ】息をのむ美しさ! アイランド・ホッピングで訪れたいホン諸島

【クラビ】息をのむ美しさ! アイランド・ホッピングで訪れたいホン諸島

Posted by: sweetsholic
掲載日: Nov 2nd, 2018.

アンダマン海に浮かぶホン諸島を中心に、タイ南部の秘境リゾート・クラビ島周辺の島々にフォーカス。大人気のプーケットからもアクセスしやすい島ばかりです。トロピカルフィッシュと触れ合う、アイランド・ホッピング。非日常の世界を満喫しましょう。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

潮風に吹かれながら、島々をめぐるアイランド・ホッピング。気軽に楽しめるマリンアクティビティのひとつです。

今回はアンダマン海に浮かぶホン諸島を中心に、タイ南部の秘境リゾート・クラビ島周辺の島々にフォーカス。大人気のプーケットからもアクセスしやすい島ばかりです。トロピカルフィッシュと触れ合う、非日常の世界を満喫しましょう。


非日常へと誘う、クラビ周辺の島々

ダイナミックな岩壁にジャングルなど、手付かずの大自然が魅力のクラビ島。沖合には、タイ有数のダイビングスポットとして、また映画『ザ・ビーチ』のロケ地としても有名なピピ諸島など130の島々が点在します。

アオナンビーチの沖合からほど近い、透明度の高い海が広がる「ポダ島」。シュノーケリングも楽しい!

ニワトリの頭を思わせる「チキン島」と、そのすぐ横にある「タップ島」。条件が揃うと、潮が引くと島の間にタレー・ウェークと呼ばれる真っ白な砂浜が出現、なんと両島を歩いて渡ることができるんです。

映画『007黄金の銃を持つ男』で知られる、タプー島「通称ジェームズ・ボンド島」なども!

地元の人のオススメは?

(c)sweetsholic

いろんな島を訪れてみたいけれど、どこにしたら? なかなか絞り切れないときには、ビーチリゾートで人気のアクティビティ「アイランド・ホッピング」をチョイスしてみましょう。いくつかの島々をボートで効率よく巡ることができます。

地元の人たちにお気に入りの島を聞いてみたところ、「ホン島」と「ピピ島」という答えが返ってきました。みなさんの意見を参考に、ホン島を含む4つの島々とホンラグーンをスピードボートで巡る、アイランド・ホッピングツアーをチョイス。
※ピピレイ島は2018年11月現在、生態系回復のため、観光客の全面的立ち入り禁止措置が取られております。

息をのむ美しさの「ホン諸島」

2つの大きな島と小さな島々から成るホン諸島。鮮やかなエメラルドグリーンのホンラグーンを抜けて、目的地へと向かいます。

静寂が広がるホンラグーン。ダイナミックな岩壁とのコントラストがとても印象的で、自然の作り出す景観美にうっとりしてしまいます。


(c)sweetsholic

それほど高機能とは言えない筆者の携帯で撮影した画像でも、ほら、こんなにキレイ! 

島に到着です。透明度の高い海と白砂ビーチに感激! 壮大な岩壁を眺めながら泳ぐだけでも、かなりリフレッシュできると思います。トロピカルフィッシュと触れ合ったり、サンゴ礁を見つけたりするのが楽しい、シュノーケリングは必須のアクティビティです。


(c)sweetsholic

島内やビーチサイドのお散歩もリラックス度満点。遊び疲れたら白砂のビーチに寝転び、お昼寝タイム・・・。なんて素敵な休日なのでしょう。


(c)T.Brand

普段は自撮りしない筆者も思わずパチリ。景観美のおかげでフォトジェニックな写真がたくさん撮れること、間違いなしです。

雑誌やポストカードでしかみたことのないような、神秘的な美しさ。心から感動しました。ホン諸島は宿泊施設がないため、日帰りでしか楽しむことができないのですが、行く価値はありますよ!

[thailandtravel.or.jp]
[Photos by Shutterstock.com] 

sweetsholic

sweetsholic ライター
海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。世界で経験した文化や学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理が大好き。寄稿媒体:Pouch、ANGIEなど

ブログ
https://ameblo.jp/ma-petite-chocolatine/


| 観光,現地ルポ/ブログ,アジア,タイ,現地ルポ/ブログ,観光


タイの現地ルポ/ブログ関連リンク

ピピ島 ピピ島
マッサマンカレー マッサマンカレー








1 2 3 4 5 6 7 NEXT

#クラビ