> > > > ぽってり感と素朴なパターンが魅力!普段使いにぴったりなポーランド食器

ぽってり感と素朴なパターンが魅力!普段使いにぴったりなポーランド食器

Posted by: 鳴海汐
掲載日: Nov 4th, 2018.

みなさんはポーランド食器をご存知ですか?欧米で人気ですが、ときおり日本のデパートでもフェアが行われていて、「知る人ぞ知る」の段階を超えた感があります。見た目の可愛さもさることながら、電子レンジ、オーブン、食洗器で使える丈夫さも魅力なんです。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ポーランド食器1

みなさんはポーランド食器をご存知ですか?欧米で人気ですが、ときおり日本のデパートでもフェアが行われていて、「知る人ぞ知る」の段階を超えた感があります。見た目の可愛さもさることながら、電子レンジ、オーブン、食洗器で使える丈夫さも魅力なんです。


ポーランド食器とは

ポーランド食器2

ポーランド食器は、ポーランドの中でもドイツやチェコとの国境にほど近い小さな町、ボレスワヴィエツでつくられているものを言います。すべてハンドメイドで、バルト海の海綿やウレタンでつくられたスタンプによる、あたたかみのある絵付けが特徴です。

質の良い陶土が採れるこの地では、14世紀ごろから陶器がつくられてきました。時は流れ20世紀になり、戦争で一時的にドイツ領になります。この間にドイツ人が編み出したスタンプによる絵付けが現在まで受け継がれているのです。

ピーコック・アイズ

伝統柄で最もベーシックなのは、「ピーコック・アイズ」と呼ばれる目玉柄です。

ポーランド食器4

ポーランド食器は、柄の複雑さによってランクづけされ、複雑でユニークなものほど絵筆による絵付けも必要となり、価格が高く設定されます。また職人が手掛けたものも多少高くなるようですが、日本の作家もの(これもピンキリですが)ほどではないようです。

チェコで買ったポーランド食器

10年ほど前になりますが、当時プラハに住んでいた友人宅を訪れた際、駐在の奥様方の間で流行っているということで、食卓はポーランド食器でいっぱいでした。あまりの可愛さに、筆者は現地での貴重な数時間を、隣国の食器選びに費やしました。

チェコで買ったポーランド食器5
(c)Shio Narumi

チェコで買ったポーランド食器6
(c)Shio Narumi

これはモスキートと呼ばれる伝統的なパターンのボウルです。

チェコで買ったポーランド食器7
(c)Shio Narumi

葉っぱのパターンのボウル。伝統柄より少し複雑な絵柄です。

どちらのボウルも和洋問わずに使えるのが便利です。きんぴらごぼうが盛られても、まったく違和感なく馴染むんですね。

チェコで買ったポーランド食器8
(c)Shio Narumi

裏側はこんなかんじです。老舗ブランド「ツェラミカ アルティスティチナ」のロゴ。

チェコで買ったポーランド食器9
(c)Shio Narumi

一目惚れしたうさぎの置物。

チェコで買ったポーランド食器10
(c)Shio Narumi

正面から見るとこんな感じ。何と言いますか、典型的な横顔美人さんです(笑)。

チェコで買ったポーランド食器11
(c)Shio Narumi

これは、友人がチェコから一時帰国の時にお土産でくれたティーバッグ置きです。取り出す前は、マグカップの上において蒸らしにも使えます。

ネットで検索すると、オンラインショップがいくつも見つかります。もともと高価なものではないので、日本で集めていくのもそこまで支障がないのがうれしいですね。

参考
[ポーランドなび-WITAM!-]
[ポーリッシュポタリー(ポーランド食器)のお店 ケルセン]
[ポーランド陶器・食器専門店 ceramika]

鳴海汐

Shio Narumi ライター
イタリアはフィレンツェとタオルミーナの料理留学、イギリスはウエストン・スーパー・メアとケンブリッジの花留学を経て、現在はロンドンと神奈川を行ったり来たり。飛行時間の大幅短縮が実現するよう、心から科学の進歩を願う水瓶座。


| お土産,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,ポーランド,お土産,現地ルポ/ブログ


ポーランドのお土産関連リンク


チェコで買ったポーランド食器5 チェコで買ったポーランド食器5
可愛い!癒される!ポーランドで買いたいおみやげ7選 可愛い!癒される!ポーランドで買いたいおみやげ7選
1