> > > > ロンドンを一望!無料観光スポット「スカイガーデン」

ロンドンを一望!無料観光スポット「スカイガーデン」

Posted by: 鳴海汐
掲載日: Feb 18th, 2019.
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

スカイガーデン

ビルの35階からロンドンを一望できるスポットがあります。高さ155mのポイントから360度ぐるりと全方位見渡せるのです。予約は必要ですが、料金は無料。しかも予約といっても、都合に応じて簡単にオンラインで変更できるのでとても気軽なんです。


入館手続き

スカイガーデン
建物の1階にスカイガーデンへの入り口があります。これは、オフィスのレセプションのちょうど裏側にあたります。列は建物の側面に続いています。

この行列には、いろいろな予約時間帯の人が並んでいるので、自身の予約の時間帯が近づいたら前に進んでしまった方がよさそうです。過ぎたら他の時間帯を指定されることもあるとのことです。

予約受付メールのQRコードで入館すると、荷物のセキュリティチェックがあります。空港のようにX線で確認するという本気なものです。33cl(330ml)以上のガラスボトルやアルコールは持ち込み禁止になっています。

35階のスカイガーデンへ

スカイガーデン

エレベーターで、一瞬で35階に到着しました。ここは、155mの上空です。青い空間が広がり、天空の城状態です。

テラスへ

スカイガーデン

この日は快晴!ロンドンの青い空が広がります。

スカイガーデン

テラスに出ると、眼下にテムズ川が広がっています。

2mくらいのガラスでテラスは覆われています。写真がガラス越しになってしまうのですが、ガラスのおかげで強い風の吹きさらしにも遭わずにすみます。

スカイガーデン

ガラスには、観光名所が記されています。これはEU一の高さを誇るザ・シャードです。ロンドンにはあまり高い建物がないこともあり、際立っています。

ちなみに、東京で同じような高さの展望スポットは、都庁の展望室です。そちらは202mなのでもっと高いですが。

スカイガーデン
スカイガーデン
スカイガーデン
スカイガーデン

とても気持ちがよい空間ですが、テラスでの飲食と自撮り棒を使った撮影は禁止されていますのでご注意を。

シティーガーデンへ

スカイガーデン
スカイガーデン

室内には、空中庭園があります。その脇の階段を上がっていくと一周できます。

スカイガーデン

階段の途中からは、セント・ポール大聖堂が見えます。

スカイガーデン

熱帯植物と空の組み合わせが美しい空間です。

スカイガーデン

テラスの反対側から見える、近代的なビル群。

スカイガーデン

こちら側には、バーがあります。

スカイガーデン
スカイガーデン

カフェやバーで休憩しない場合は、所要時間はだいたい20分くらいでしょうか。こちらにはレストランもあるので、もっとゆっくりと上空の景色を味わうこともできますが、一般利用の場合は1時間を目安に退出になっています。

ちなみに、スカイガーデンで印象的だったのは、トイレです。けっこう行列を覚悟しなければいけないのですが、中に入るとトイレの個室それぞれに、洗面台とダイソンのハンドドライヤーがついているので驚くと思います。

予約方法は?

スカイガーデン
https://skygarden.london/booking

公式ホームページから予約します。黒丸がついているところが予約できる日です。日をクリックすると、その日予約できる時刻の枠が表示されるので、それを選択します。

その後は、何人なのか、名前、メールアドレス、携帯番号を入力して予約すると、確認メールが届きます。後から日程変更やキャンセルをしたくなったら、確認メールの下の方にある「Click here to cancel or amend your ticket.」をクリックすれば、簡単に申請できます。

天気が悪ければ変更するのもいいですし、昼間と夜と2回来てもいいですよね。

SKY GARDEN
Monday – Friday:10am – 6pm
Weekends:11am – 9pm
※レストラン等の営業時間と異なります

20 Fenchurch St, London EC3M 8AF
https://skygarden.london/plan-your-visit

参考
[都庁]

[ All photos by Shio Narumi]

鳴海汐

Shio Narumi ライター
イタリアはフィレンツェとタオルミーナの料理留学、イギリスはウエストン・スーパー・メアとケンブリッジの花留学を経て、現在はロンドンと神奈川を行ったり来たり。飛行時間の大幅短縮が実現するよう、心から科学の進歩を願う水瓶座。


, | 観光,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,イギリス,現地ルポ/ブログ,観光


イギリスの現地ルポ/ブログ関連リンク






リンツ・リンドールのチョコレート リンツ・リンドールのチョコレート


日本とはまるで異なる元旦の朝食風景。イギリス南東部のオックスフォードシャーの友人宅にて 日本とはまるで異なる元旦の朝食風景。イギリス南東部のオックスフォードシャーの友人宅にて
ラドリーのエコバッグ ラドリーのエコバッグ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ロンドン #展望台