> > > > 侯爵の館に並ぶ珠玉の美術品!ロンドンの美術館「ウォレス・コレクション」

侯爵の館に並ぶ珠玉の美術品!ロンドンの美術館「ウォレス・コレクション」

Posted by: 鳴海汐
掲載日: May 31st, 2019.
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ウォレス・コレクション

日本ではそれほど名前を知られていないのですが、ロンドンには「ウォレス・コレクション」という貴族趣味のきらびやかな美術館があります。18~19世紀に集められた絵画、彫刻、家具、武器、鎧、磁器などが、侯爵のお屋敷にこれでもかというほど並んでいます。寄付が推奨されていますが、入場は無料。中ではどんなものが展示されているか見てみましょう。


武器のコレクション

ウォレス・コレクション

玄関ホールに入ると、大理石の階段が伸びているのが見えます。階段を上がらず、左手のおみやげ売り場を通り過ぎると、武器のコレクションエリアへ。武器の部屋は4部屋も続きます。おびただしい数の鎧や剣などが並び、息苦しさを覚えるほど。

ウォレス・コレクション

その中で目玉とされているのがこちらの鎧。1480年のもので、この時代のほぼ完全な形で残されている馬鎧は、世界に3つしかないそう。馬の鎧はユニコーンのように角が伸びています。さすがにこの部屋は、この貴重なコレクションを際立たせるためにすっきりした配置です。

ウォレス・コレクション

ウォレス・コレクション

武器のエリアが苦手な人でも、東洋のナイフや王冠は楽しめそうです。

絵画のコレクション

ウォレス・コレクション

おそらく絵画のコレクションの中でもっとも有名なのがこちら。1767-1768年に描かれた、フランスの画家ジャン・オノレ・フラゴナールの「ぶらんこ」です。

ウォレス・コレクション

ロココ美術の傑作を飾るにふさわしい、2階のオーバル型の部屋にあります。

ウォレス・コレクション
絵画のコレクションが飾られる中で、一番大きい部屋が2階の「グレート・ギャラリー」。広いですよね!

ウォレス・コレクション

ここには、カナレットが描いたベネツィアの景色2点や、「虹のある風景」などがあります。

ウォレス・コレクション

グレート・ギャラリーの隣のイースト・ギャラリーには、レンブラントが息子を描いた肖像画が。これも美術館のハイライトになっています。

館内はエリアによって、壁紙の色が違います。それもお楽しみのひとつ。

ウォレス・コレクション

同じイースト・ギャラリーには、驚くほど瑞々しく描かれたぶどうの静物画も飾られていました。

ウォレス・コレクション

ゴージャスな家具と並んでもしっくり馴染む、金色の消火器もしっかりアートだなと一人感心してしまいました。

ウォレス・コレクション

反対側のウェスト・ギャラリーで、スタッフに見どころを尋ねたところ、こちらの作品を紹介されました。ルーブル美術館に飾られている作品のレプリカなのですが、ロンドン塔に幽閉されたエドワード8世と弟のリチャードを描いたもので、実話に基づくことから人気だとか。

ウォレス・コレクション

若い娘がライオンの爪を切る作品も印象的です。戸惑うライオンと、周りの人々の心配そうな表情と「The Lion in Love」というタイトルが興味深いのです。

その他のコレクション

ウォレス・コレクション

1階の16世紀ギャラリーに、15世紀後半の角笛が飾られています。

ウォレス・コレクション

こちらは2階のキャビネットにある、嗅ぎタバコを入れる18世紀のフランスのケース。

ウォレス・コレクション

1階の廊下に飾られている、15世紀のイタリアのボウルも素朴で可愛らしいです。

ウォレス・コレクション

こちらは2階のグレート・ギャラリーにあるフランスの貴重品箱。

ウォレス・コレクション

2階のウェスト・ギャラリーにあるフィレンツェのモザイコのテーブル。家具は、館内のいたるところに効果的に飾られています。

ウォレス・コレクション

休憩したくなったら、中庭へ。天井がガラス張りの明るいレストランです。お茶やアフタヌーンティーの他、金曜と土曜の夜は星空の下でフレンチをいただくこともできるという仕掛けです。

建物が大きすぎないので、気合を入れなくても来れるのが魅力です。

ウォレス・コレクション
The Wallace Collection
開館時間 10:00~17:00 ※12月24~26日以外
Hertford House,
Manchester Square,
London W1U 3BN
https://www.wallacecollection.org/

[ All photos by Shio Narumi ]

鳴海汐

Shio Narumi ライター
イタリアはフィレンツェとタオルミーナの料理留学、イギリスはウエストン・スーパー・メアとケンブリッジの花留学を経て、現在はロンドンと神奈川を行ったり来たり。飛行時間の大幅短縮が実現するよう、心から科学の進歩を願う水瓶座。


, | 観光,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,イギリス,グルメ,現地ルポ/ブログ,観光


イギリスのグルメ関連リンク



ロンドンのサンデーロースト、ローストビーフ ロンドンのサンデーロースト、ローストビーフ

フラット・アイアン フラット・アイアン
PRET プレット PRET プレット

ブリクストン ブリクストン
ウォレス・コレクション ウォレス・コレクション
ロンドンのアイシング・クッキー「BISCUITTERS」 ロンドンのアイシング・クッキー「BISCUITTERS」
1 2 3 4 5 6 7 8 9 NEXT

#ロンドン #美術館