> > > > ブルガリアの「タピオカ事情」を調査!ミルクティーじゃなくって・・・プリンだった!?【現地ルポ】

ブルガリアの「タピオカ事情」を調査!ミルクティーじゃなくって・・・プリンだった!?【現地ルポ】

Posted by: 石黒アツシ
掲載日: Jul 26th, 2019.

日本では、空前のタピオカブーム。それでは、世界では・・・?今回は、そんな疑問を解決すべく、ブルガリア共和国の首都ソフィアを訪れたTABIZINEライターが調査してきました。そこで見つけたのは・・・「ミルクティー」じゃなくって、「プリン」だった!?

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ソフィア

夕暮れにピンクに染まるこの荘厳な建物は、ブルガリア共和国の首都ソフィアにあるアレクサンドル・ネフスキー大聖堂。ブルガリア正教の総本山ともいえる聖堂です。この街でタピオカを探して食べてみました。ここで見つけたのは・・・日本で大ブーム中の「タピオカミルクティー」ならぬ、「タピオカプリン」だった!?


建造物が美しい古い歴史の街並みが楽しい

ソフィア
ブルガリアの首都とはいえ、人口125万人程度のソフィアの街はそれほど広くありません。街の中心部は、たとえば渋谷のような範囲に様々な見どころがあるといった感じで(もちろん高層ビルなどはありませんが)、ぶらっと歩いていて角を曲がると、ふっと目を見張る建造物が現れたり、賑やかだなと思ったら学生街だったりと、街歩きがとっても楽しいんです。カフェやレストランも雰囲気がよく入りやすいし、街の人はみんな親切だし、「心地いい街」といった印象でした。

上の画像は「聖ソフィアの塔」です。共産主義の頃にレーニン像があった場所に、2001年に建てられたそうです。

ソフィア
ソフィアの中心には、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教の建物がすぐ目と鼻の先に建っています。これはその一つ「バニャ・バシ・ジャーミィ」、イスラム教のモスクです。この時間、ちょうどお祈りが終わったころで、信者の皆さんが出てくるところでした。

ソフィア
このモスクと道を隔てて「中央ソフィア市場ホール」があります。中では食料品や日用品を扱うマーケットだけでなく、カフェなどがあります。お土産を探すも良し、カフェでのんびり過ごすも良し。混雑することもなく、落ち着いた時間を楽しむことができます。

その建物の前を走っていたのがトラム。ソフィアの主要な交通手段の一つです。かわいい色にペイントされており、ひときわ目を引きました。

早朝から開いているカフェCrumbleで「タピオカスイーツ」を発見!

Crumble – Coffee and Bakery はソフィア裁判所のすぐそばにある、朝7:30から夕方18:30(土曜日は17:00)まで開いているカフェ。ランチにはまだ早いかなという午前中に伺いました。

ソフィア
事前にタピオカがあると聞いていたので、さっそく注文してみます。日本で人気のタピオカドリンクではなく、「タピオカプリン」です。ココナッツとタピオカのプリンの上に、マンゴーとマンゴーソースがのっています。

タピオカのプルっとした舌触りと、甘く南国を思わせるココナッツの香り・・・そんな楽しい「ココナッツとタピオカのプリン」の層が下に。甘酸っぱい「マンゴーとマンゴーソース」が混ざり合い、トロピカル感満載の風味を堪能できます。

「タピオカドリンクを知っていますか?」と店員さんに聞いてみたところ「この辺では飲まないかも」とのこと。でもタピオカプリンはデザートの定番で人気があるとのことでした。やはり、国によって状況が違うんですね。

種類豊富にそろうコーヒーもチェック

ソフィア
コーヒーはエスプレッソ系もあればフィルターもあります。ヨーロッパではフィルターで入れるコーヒーは珍しいので驚きました。それに、ニュージーランドやオーストラリアが発祥という「フラットホワイト」というミルクのフォームをたっぷり使ったタイプも!

新しいお店ということで、伝統にこだわらず様々なコーヒーを提供しているのが印象的でした。いつかこのお店で、タピオカドリンクを飲めるようになるかもしれませんね!

地元民がランチに求めるフードも充実

ソフィア
店内は白と黒と基調とした落ち着いた雰囲気。店員さんはフレンドリーでとっても親切でした。キッシュやサンドウィッチ、そしてシュトゥルーデル(小麦粉の生地を伸ばしてチキンなどの具材をのせて丸めて焼いたもの)やクッキーなどもあります。どれも人気のようで、地元の人たちが次々にランチを買い求めに来ていました。

ブルガリ共和国の首都ソフィアのタピオカ事情、まとめ

ソフィア
ソフィアには日本で流行のタピオカドリンクはありませんでしたが、そのかわり長くみんなに愛されている「タピオカプリン」がありました。タピオカもマンゴーも輸入品ですから、共産主義が崩壊した後に自由の象徴として受け入れられたのかもしれないな、と思いました。

ブルガリアへは直行便は就航していないので、経由便を利用することになります。たとえばイスタンブールからなら1時間ちょっと。ソフィアだけなら1泊でも十分なので、ちょっと足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね。

Crumble – Coffee and Bakery
住所:Lavele St 20, 1000 Sofia Center, Sofia
電話:+359-89-667-7438
営業時間:【月〜金】7:30〜18:30、【土】8:00〜17:00
公式FB:https://www.facebook.com/crumble.bg

[All photos by Atsushi Ishiguro]

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro ライター&フォトグラファー
旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。


,, | グルメ,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,ブルガリア,グルメ,現地ルポ/ブログ,観光


ブルガリアのグルメ関連リンク


ソフィア ソフィア
とってもオシャレなオータムカラー とってもオシャレなオータムカラー
【気になる世界の朝ごはん】美味しいものがたくさん! ブルガリア編 【気になる世界の朝ごはん】美味しいものがたくさん! ブルガリア編
1

#スイーツ #タピオカ #タピオカプリン