> > > > 台湾・礁溪温泉ローカル旅(3)|温泉付きで一泊四千円以内!「青池人文温泉旅館(Aoike Hot Spring Hotel)」宿泊ルポ

台湾・礁溪温泉ローカル旅(3)|温泉付きで一泊四千円以内!「青池人文温泉旅館(Aoike Hot Spring Hotel)」宿泊ルポ

Posted by: Yui Imai
掲載日: Jan 8th, 2020.

海外旅行を計画する上で、ホテル選びは悩むポイントの一つかと思います。台湾旅行を計画中の方にぜひおすすめしたいのが、部屋温泉付きホテルへの宿泊!日本では考えられないくらい安く宿泊できるんですよ。今回は礁溪駅のすぐ近く「青池人文温泉旅店 (Aoike Hot Spring Hotel)」での宿泊の様子をお伝えします。筆者はなんと、一泊3,800円程で2人分の予約ができてしまいました。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

青池人文温泉旅店ロビー


台北から一時間ほどの温泉観光地「礁溪」に宿泊!

台北からバスで一時間ほどでアクセスできる温泉観光地「礁溪(ジャオシー)」には、温泉付き客室のついたホテルがたくさんあります。客室に温泉が付いていながらも、宿泊料金は台北市内に泊まるのとほとんど変わらないか、台北より安く宿泊できることも多いです。

礁溪駅近くの温泉ホテル「青池人文温泉旅店 (Aoike Hot Spring Hotel)」

青池人文温泉旅店

筆者は今回費用を抑えて宿泊したかったため、ホテル予約サイトから「青池人文温泉旅店 (Aoike Hot Spring Hotel)」というホテルを選び、一泊3,800円程で予約しました。12月の日曜日から月曜日の一泊でこの価格です。備考欄で、要望が通るかは確実ではないということでしたが、ダブルかツインかの希望を出すことができました。

台湾のホテルは基本的に、1人当たりではなく1部屋当たりで金額が決まっています。2人で4,000円以内という破格の値段は宿泊するまでちょっと不安ではありましたが、よい意味で不安を裏切られましたよ。

温泉付き客室がこんなに安くていいの?

青池人文温泉旅店ロビー

こちらはホテルのロビーの様子です。バーにでも置いてありそうなテーブルゲームは、夜に通った時に台湾人の家族が楽しそうに遊んでいました。

青池人文温泉旅店 廊下

チェックインを済ませて鍵を受け取り、さっそく部屋へ。廊下は普通のビジネスホテルのような感じです。

大きなベッドが二つ

部屋に入ってびっくり、たまたま空いていたからなのか、部屋がグレードアップされていました。大きなダブルベッドが二つ置かれています。安かったし、もしかしたらダブルベッドに2人で寝ることになるかもなぁと思っていたので、これはうれしい驚きでした。ちょっとベッドが柔らかいけど、寝心地はバッチリ。

部屋の様子

無料のお水やインスタントのお茶やコーヒー、スリッパなどのグッズは一通り揃っています。

液晶テレビも有り

テレビも液晶でした。部屋の清潔さは、古いけどまぁまぁ掃除されているかな?という程度です。

肌がすべすべに!温泉入り放題がうれしい

温泉入り放題

なんといっても、部屋で温泉が入り放題というのがうれしいです。注意書きにも書いてあるのですが、ここのお風呂は蛇口をひねってもしばらくは冷たい水かぬるいお湯しか出てきません。10分以上出しっ放しにしてはじめて熱いお湯が出てきました。熱いお湯が出たのを確認してからお湯を溜めるとよいですよ。

温泉は鉄のようなにおいをすごく感じます。しばらく入っていると、あたたかくて疲れが一気に取れていく感じがします。台湾では普段シャワーばかりなので、久しぶりの温泉はほんとうに気持ちよく感じました。

そして何よりうれしかったのは、入った後に肌がしっとりすべすべになったこと!いつもの自分の肌と比べて明らかに調子がよいのです。「もうこのお湯を家に持って帰りたい!」と思うくらい、礁溪温泉のお湯が気に入ってしまいました。

朝食内容はランダム?

朝食券

朝食の内容は次の日の朝になってはじめて決まるようです。口コミを見る限り、近くのホテルでの朝食ビュッフェか、永和豆漿かモスバーガーになることが多いよう。今回筆者たちは鴻月莊というホテルの朝食ビュッフェでした。

近所のホテルで朝食ビュッフェ

朝食会場のホテルまでは徒歩で2分ほど。朝食券をフロントの方に渡し、中へ入ります。

台湾朝ごはんがずらり

パッと見た感じ、悪くない内容だなと思いました。卵や野菜、炒麺にマントウなど、簡単な朝食にはじゅうぶんです。

台湾テイストな朝ごはん

率直な味の感想は、ザ・台湾な味。特に炒麺は台湾独自の調味料が使われているのを感じます。でも、卵や野菜などをバランスよく食べられるのはうれしいです。台湾ならではの家庭料理を味わってみたいという方には、ぴったりな朝ごはんだと思います。

今回「青池人文温泉旅店 」に泊まってみて、温泉付き客室が朝食付きで3,800円はコスパが高いと感じました。部屋は日本の清潔基準で考えるとちょっと不満がでるかと思いますが、とりあえず値段重視で寝られれば良いという方にとっては満足度が高いと思います。

でもやっぱりきれいな部屋に泊まりたいという方は、礁溪エリアでホテルランクを少し上げて検索してみると良いですよ。筆者が検索した限りでは、平日であれば2人で10,000円くらいの予算があれば結構きれいな部屋温泉付きホテルを予約できそうでした。台湾旅行でのホテル選びの際は、礁溪エリアのホテルも候補に入れてみてくださいね。

青池人文温泉旅店 (Aoike Hot Spring Hotel)
住所:宜蘭縣礁溪鄉中山路二段185號

[All photos by Yui Imai]
Do not use images without permission.

Yui Imai

Yui Imai ライター
語学留学とワーキングホリデーを経て、現在も台湾と日本をしょっちゅう行き来しているトラベルライターです。台湾で長く生活していくうちに、あたたかくてエネルギッシュでちょっぴりおせっかいな台湾がすっかり大好きに。


,, | ホテル・旅館,現地ルポ/ブログ,アジア,台湾,ホテル,現地ルポ/ブログ,観光


台湾のホテル関連リンク

熱々ふわふわネギ餅 熱々ふわふわネギ餅
マンダリンオリエンタルのパイナップルケーキ1 マンダリンオリエンタルのパイナップルケーキ1
青池人文温泉旅店ロビー 青池人文温泉旅店ロビー
有名店もいいけど「「正好鮮肉小籠湯包(ゼンハオシェンロウシャオロンタンバオ)」」 の小籠包がオススメ! 有名店もいいけど「「正好鮮肉小籠湯包(ゼンハオシェンロウシャオロンタンバオ)」」 の小籠包がオススメ!


みんな思い思いの時間を過ごす場所 みんな思い思いの時間を過ごす場所


ひと箱に三種類のヌガーが ひと箱に三種類のヌガーが
1 2 3 NEXT

#旅 #海外ホテル #海外旅行