> > 邪気を払ってくれる!?1月7日を過ぎても「七草がゆ」で体調を労わって

邪気を払ってくれる!?1月7日を過ぎても「七草がゆ」で体調を労わって

Posted by: minacono
掲載日: Jan 9th, 2020.

日本に伝わるお正月後の習慣、1月7日に食べる「七草がゆ」は、もう食べましたか?名前は知っていても、最近ではあまり食べなかったり、そもそも「七草がゆ」とはどんなものか?知らない人も少なくないよう。日本に伝わる習慣「七草がゆ」について、ご紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


(c) Shutterstock.com


「七草がゆ」みんな知ってる?


(c) Shutterstock.com

無病息災を祈願して、1月7日に食べる習慣がある「七草がゆ」。名前は知っていても、七草について知らない人も少なくないようです。全国の20~30代男女100人を対象に実施したアンケートでは、85%が「知らない」という回答だったのだそう。

「春の七草、全部知ってますか?」アンケート

【春の七草、全部知ってますか?】
アンケート実施期間: 2019年12月22~24日
調査対象: 全国の20~30代男女100人
実施方法: インターネット調査
実施: デジタルレクリム株式会社
参照: https://datumow.com/beauty/food/2042/

「七草がゆ」で使われる春の七草とは?


(c) Shutterstock.com

とはいえ、年代が上の世代でも七草がゆに入っている「春の七草」を全て言える人は、どのくらいいるでしょう?「春の七草」とは、「セリ(芹)・ナズナ(ぺんぺん草)・ゴギョウ(母子草)・ハコベラ(ハコベ)・ホトケノザ(田平子)・スズナ(蕪)・スズシロ(大根)」の7種類。蕪や大根など古い呼び方をしたり、違う呼び方があるので想像しづらいですよね。冷え性予防や高血圧防止、胃炎や二日酔いなど、それぞれの野菜や野草にそれぞれ効果があると言われいます。

1月7日以降でも。体を労わる食事を


(c) Shutterstock.com

邪気を払う占いのような意味合いでも食べられてきたという「七草がゆ」。年末年始で疲れた胃を労わって、野菜不足を補うために昔から食べられてきたのだそうです。おかゆなので消化もよく、体に優しい「七草がゆ」。胃腸が疲れていたり体調がすぐれないなと感じたら、古くから伝わる体に優しい食事を試してみてはいかがでしょう?

[value press]

[All photos by shutterstock.com]
Please do not use the photos without permission.

minacono

minacono ライター
日本とカナダで観光業界に勤務。旅行会社、現地ツアーオペレーター、航空会社、観光局、いろんな分野で旅と関わってきました。現在はフランス在住。美味しい食べ物とお酒がうまく出会った時すぐ感動する。犬好き。でも猫みたいな性格に憧れる。


| 豆知識


豆知識関連リンク











1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#日本の伝統



豆知識