TABIZINE > 近畿 > 京都府 > グルメ > 【京都・嵐山】初夏に味わいたい!希少な本わらび餅を楽しめる老舗「老松 嵐山店」

【京都・嵐山】初夏に味わいたい!希少な本わらび餅を楽しめる老舗「老松 嵐山店」

Posted by: ロザンベール葉
掲載日: May 21st, 2022.

京都の景勝地・嵐山にある老舗和菓子店「有職菓子御調進所 老松」の嵐山店。世界遺産の天龍寺にほど近い店舗奥の茶房では、本わらび粉を100%使用した貴重な「本わらび餅」を楽しめます。上質な素材を活かしたシンプルモダンな店内は、庭の青々とした緑を望める気持ちのよい空間。嵐山散策でひと休みするのにぴったりですよ。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

老松嵐山店 本わらび餅


 


由緒ある老舗和菓子店「有職菓子御調進所 老松」

老松嵐山店 外観
※写真は秋のイメージです

平安時代の名残を留める、京都の代表的な観光地・嵐山。渡月橋から土産店や料理屋などが軒を連ねるメインストリートを歩き、世界遺産・天龍寺を過ぎた所に「老松 嵐山店」が佇んでいます。

「有職菓子御調進所(ゆうそくがしごちょうしんしょ) 老松」は、明治41年(1908年)に歴史ある花街・上七軒で創業した和菓子店です。古来より朝廷に伝わる有職故実に基づいた儀礼や典礼、また茶道に用いる菓子を手がけてきた由緒ある老舗。嵐山店では、奥の茶房「玄以庵(げんいあん)」でそのこだわりの和菓子を味わうことができます。

緑あふれる庭を望める上質な空間

老松嵐山店 内観
多彩なお菓子が並ぶ店頭の先には、茶房「玄以庵」があります。すっきりと洗練された店内では、緑がみずみずしい庭を眺めながら憩いのひと時を過ごせます。

老松嵐山店 内観
配されたインテリアからは、しっかりとしたこだわりが感じられます。テーブルには、栂(ツガ)、一位(イチイ)、欅(ケヤキ)など、各席異なる天然木を使用。本物の持つ心地よい手触りを体感できます。

また、椅子はデンマークの家具デザイナー、ボーエ・モーエンセンのもの。上質なシンプル空間にモダンさを添えています。

もちもちツルン!名物「本わらび餅」を実食

何度も同店を訪れているのですが、実は「本わらび餅」1,320円(税込)をいただくのは初めて。「当店のいちおしメニュー」と紹介されています。「一度は!」とこちらを選びました。ほかのお客さんも「わー、おいしそう」と注文していましたよ。

老松嵐山店 本わらび餅
黒い塗りの重箱がうやうやしく運ばれてきました。さすがは老舗。背筋がピンと伸びる思いです。ほうじ茶が付いています。

老松嵐山店 本わらび餅
ふたを開けてみると、本わらび餅ときな粉が別々の器に入っています。

老松嵐山店 本わらび餅
氷水に浮かぶわらび餅が涼しげ。初夏にぴったりのひんやりスイーツですね。

老松嵐山店 本わらび餅
箸で持ち上げてみると、ふるふるでやわらかい! 注文を受けてから練り上げた作りたてというのがよくわかります。本わらび餅は出来立てを味わうのがベストです。

上質な秋採りわらび粉を100%使用。本物のわらび粉は、わらびの根からごく少量しか採れないのでとても貴重なのです。一般的に「わらび餅」と呼ばれているものの原料は、わらび粉100%ではないのだそう。希少価値のある「本わらび餅」にありがたみを感じずにはいられません。

老松嵐山店 本わらび餅
(C)老松

本わらび粉本来のもちもちとした少し弾力のある口当たり。つるんとしたのど越しがたまりません! こちらを国産大豆のきな粉と風味豊かな黒蜜、好みの味で楽しめます。両方付けてもおいしいですよ。暑い夏にまた味わいたい!

お抹茶も味わえます。単品770円(税込)、生菓子とのセットで1,155円(税込)。季節を感じる「本日の生菓子」もおすすめです。

老松嵐山店 夏柑糖
(C)老松

またこちらでは、春から初夏にかけていただける「夏柑糖」1,620円(税込)もよく知られています。夏みかんの中身をくり抜き、しぼった果汁と寒天をあわせ、再び皮に注いで固めた水菓子です。
■「夏柑糖」オンラインショップ

老松嵐山店 夏柑糖
(C)老松

素敵な空間で本わらび餅を満喫した後は、店頭でお土産を購入できますよ。ショーケースには、粒餡をやわらかい落雁で包んだ代表銘菓「御所車」、日持ちのする「本わらびもち」、水羊羹など季節の和菓子が並びます。

嵐山散策の途中にゆったりとくつろげる空間で、本物のわらび餅を味わってみませんか。

老松嵐山店
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町20
TEL:075-881-9033
営業時間:9:00~17:00
茶房:9:30~17:00(L.O.16:30)
定休日:不定休
URL:https://oimatu.co.jp

[Photos by Yo Rosinberg]
Do not use images without permission.

 

ロザンベール葉

ロザンベール葉
主に横浜・東京で育ち、縁あって京都に在住。美術書出版社勤務を経て、フリーランスライター歴20年余り。フランス人のパートナーと共に、フランスとイタリアを中心に気ままな旅をする。海はどこも好きだけど、「地中海」という響きに憧れる。マイペースが好き。


, | グルメ,現地ルポ/ブログ,近畿,京都府,グルメ,現地ルポ/ブログ


京都府のグルメ関連リンク











1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#スイーツ #嵐山