TABIZINE > 豆知識 > 「ところてん」に黒蜜!?関西は酢醤油じゃなかった【日本東西・食文化対決】

「ところてん」に黒蜜!?関西は酢醤油じゃなかった【日本東西・食文化対決】

Posted by: 内野 チエ
掲載日: Aug 19th, 2022.

東西南北に国土が広がる日本では、西日本と東日本とでその「食文化に違いがある」こともよく注目されますよね。それぞれの地域で違う常識を味わうのも、旅の醍醐味と感じている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「ところてん」について研究してみました。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ところてんのイメージ
>>ほうじ茶?みるく珈琲チョコレート?静岡県で見つけた「変わりところてん」を実食ルポ
 


昔は貴族しか食べられない高級品だった

ところてん
つるっと喉ごしよく食べられて夏にぴったりの涼味「ところてん」は、海藻の「天草(てんぐさ)」を煮出して抽出した液を冷やし固め、それを突き出して作られています

その歴史はとても古く、発祥は1200年も前にさかのぼります。正倉院の書物にも「心太(ところてん)」の記載が残されており、奈良時代に中国から伝わったのが始まりでした。

もともと貴族しか口にできないような高級品でしたが、江戸時代から庶民の間で広まり、現在まで食され続けているところてん。スーパーやコンビニなどに置かれており、どこでも手軽に入手することができますが、実はその味付けが、地域によってまったく異なるというのをご存じでしょうか。

関西では黒蜜、高知ではかつおだし?!

黒蜜のところてん
ところてんにかけるものといえば、「酢醤油」。北海道から沖縄まで、全国各地で食べられている定番の味付けです。

しかし、関西では、酢醤油をかけて食べる人はかなりの少数派。関西でところてんといえば、「黒蜜」が主流なのです。ところてんに黒蜜をかけて食べるのは、京都、大阪、奈良、滋賀、和歌山、徳島などで、いわばスイーツのような位置づけです。

関西では“甘い”ところてんは一般的な味ですが、酢醤油でさっぱりといただく他県民からすると驚きの食べ方ですね。

一方、ところてんの食べ方で、独特の文化を持つのが高知県です。同県では、「かつおだし」をかけて食べるのが一般的。そうめんやうどんのような、麺類に近い食べ物として親しまれているのかもしれません。

斬新!ところてんの食べ方アイデア

ところてんと薬味
ところてんにかけるものとして酢醤油、黒蜜、かつおだしが登場しましたが、ほかにもいろいろな食べ方を楽しんでいる人もいるようです。

  • 三杯酢
  • ポン酢
  • ドレッシング
  • ゴマだれ
  • めんつゆ+おろし生姜
  • 塩コショウ+オリーブオイル
  • 醤油+キムチ+ごま油
  • ハチミツ+きな粉
  • バニラアイス+フルーツ缶

ところてんそのものはクセのない味なので、どんな調味料とも好相性です。和洋中と幅広いアレンジが楽しめるほか、アイデア次第で、ちょっとしたおやつやデザートにも使えそうですね。

いつもと同じところてんの食べ方に飽きたなら、関西風の黒蜜や、高知風のかつおだし、そのほかさまざまなアレンジ方法をぜひ試してみてください!

[All photos by Shutterstock.com]

>>【特集・こんなに違う日本の文化】知らないと恥をかく!?うどんの出汁も行事・習慣も別世界!

内野 チエ

内野 チエ ライター
Webコンテンツ制作会社を経て、フリーに。20歳で第1子を出産後、母・妻・会社員・学生の4役をこなしながら大学を卒業、子どもが好きすぎて保育士と幼稚園教諭の資格を取得、など、いろいろ同時進行するのが得意。教育、子育て、ライフスタイル、ビジネス、旅行など、ジャンルを問わず執筆中。特技はワラビ料理と燻製作り。


, | 豆知識


豆知識関連リンク

湿布薬のイメージ 湿布薬のイメージ

ヘーゼルの目 ヘーゼルの目
ウェールズ・カーディフ ウェールズ・カーディフ
ハワイ ハワイ

樹海の様子 樹海の様子

鳥取城からの眺め 鳥取城からの眺め
SNSのイメージ SNSのイメージ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#おやつ #食文化



豆知識