> > > あなたが知らない、ニューヨークの子どもたち【TABIZINE with Kids】

,,,,, | TABIZINE with Kids,特集,現地レポート,豆知識

あなたが知らない、ニューヨークの子どもたち【TABIZINE with Kids】

Jul 31st, 2017

あなたが知らない、ニューヨークの子どもたち【TABIZINE with Kids】
子連れ旅行やお出かけ、家族や子どもにまつわる世界の話題を特集する夏休み特別企画【TABIZINE with Kids】。今回は、ニューヨークの子育て事情について、現地から。

ニューヨークは、世界中から異なる民族が集まる街。みなが凌ぎを削って生きて行くこの街で、子どもたちはどのように生まれ、育っていくのでしょう。ニューヨーク在住の筆者が見聞きしたニューヨークの子どもたちについて、一部を語ってみたいと思います。

アメリカ人として生まれる子どもたち

あなたが知らない、ニューヨークの子どもたち【TABIZINE with Kids】
語学学校のクラスメートがいつの間にか
セメスター(学期)の間に休みが入り、休みが明けてクラスに戻ってみると・・・
中国人の女子クラスメートのお腹が大きくなっていました(汗)。それも2名とも。いつの間に? 彼女たちが既婚なのか、独身なのかも定かでなかったのですが、あのお腹では入学した時には既に妊娠していたのでしょう。

臨月のお腹を抱えて入学した女子生徒
臨月に一人で渡米し、ニューヨークの語学学校に入学したご婦人(彼女の国籍は失念)。担任教師に出産できる病院を聞いていたそうです。ご主人は渡米していなかったそうで、他人事ながらどういう状況なのか心配になりました。

ニューヨークで出産するメキシコのママ
あるメキシコ人のママは、臨月になるとメキシコから来て、子どもを出産していました。ニューヨークでは、無保険者や低所得者用に無料で出産できる市立病院があるのです。出産後は赤ちゃんを抱いてメキシコに戻り、子どもはメキシコで育ちました。子どもは3人ともニューヨーカー。高校卒業後は、アメリカ市民としてメキシコからニューヨークへ来たそうです。

彼女たちの目的は「アメリカで赤ちゃんを産むこと」。アメリカで出産すれば、子どもはアメリカ国籍になるからです。手続きは病院でしてくれます。アメリカ市民の子どもが成人し21歳になれば、親の永住権取得のスポンサーになることが可能。長期計画ですね。女性という武器を最大に活かして、アメリカ人になることを願う女性たち。女性はいつでも強いです。

アメリカの登下校は13歳まで保護者の送り迎えが必要

あなたが知らない、ニューヨークの子どもたち【TABIZINE with Kids】
アメリカでは13歳になるまで「親もしくは保護者の監視下にいなくてはならない」という法律があり、学校の送り迎えは必ず保護者(親、家族、ベビーシッター、ナニーなど)が行う必要があります。登校時は学校まで子どもを送り届け、下校時は教師から子どもを受け取ります。

親以外が送り迎えをするときは、事前に教師と顔あわせをして、面識を持たなければいけません。「私が新しいベビーシッターで、月曜日と金曜日は彼(彼女)を迎えに来ますのでよろしく」と親と一緒に担任に挨拶しておくのです。ニューヨークでは下校時子どもを受け取る際、子どもを受け取ったというサインが必要です。距離が遠い場合はスクールバスでの送迎で、子どもはバスドライバーの監視下に置かれます。

学年によって下校時間は異なり、子どもが2-3人いる家庭は、何度も子どもを迎えに行かなければならず大変なのです。雪の日や雨の日の登下校時間は、学校の周りは保護者の車で渋滞になるほどです。アメリカは誘拐が多く治安が悪いため、日本のように集団登下校などは考えられないのです。

次は子どもたちの夏休みと言語・文化事情です。

青山 沙羅

,,,,, | TABIZINE with Kids,特集,現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!