> > > 【旅をしながら働く】朝起きてから寝るまで、旅行ライターのリアルな旅の一日

,,,,,, | ブルガリア,ヨーロッパ,旅をしながら働く,特集,現地レポート,豆知識

【旅をしながら働く】朝起きてから寝るまで、旅行ライターのリアルな旅の一日

Sep 17th, 2017

旅好きなら気になる、旅を仕事にする方法や、旅をしながら働ける・稼げる職業。今回は、TABIZINEライターたちの生の声による、「旅をしながら働く」特集をお届けします!

トラベルライター(旅行ライター)が旅をするとき、どんなふうに一日を過ごしているのでしょうか。ドイツを拠点に、ヨーロッパ各地を旅しながら執筆している筆者の、ブルガリアでのとある一日をご紹介します。

7:20 起床

【旅をしながら働く】朝起きてから寝るまで、トラベルライターのリアルな旅の一日 (C) Haruna Akamatsu

フルーツサラダの朝食をとって、8:25にルーマニアとの国境近くの街、ルセの宿を出発。20分ほど歩いてバスターミナルへと向かいます。バスは9:00に出発し、いざ次の目的地、ヴェリコ・タルノヴォへ。

10:50 ヴェリコ・タルノヴォ到着

【旅をしながら働く】朝起きてから寝るまで、トラベルライターのリアルな旅の一日 (C) Haruna Akamatsu

バスターミナルではないところにバスが停車し、他の乗客が次々と降りていくので、ドライバーに「ここはどこ?」と聞いたら、”Centrum(中心部)!”という答えが。どうやらここがヴェリコ・タルノヴォの中心部のよう。

急いでバスを降りたものの、ここがどこなのかさっぱりわからない・・・近くにいた人に目印になりそうな広場の場所を聞いて、しばらく歩くうちにようやく位置関係が判明。現地の人に聞く、最終的にはこれが一番です。

【旅をしながら働く】朝起きてから寝るまで、トラベルライターのリアルな旅の一日 (C) Haruna Akamatsu

11:10に本日の宿「Rooster Hostel」に到着。頻繁に旅をするため、ドミトリーに宿泊することも多い筆者ですが、物価の安いブルガリアでは個室を確保。バスルームは共用ですが、レトロで可愛いお部屋が一泊なんと1500円。一気にテンションが上がります。

赤松春奈

,,,,,, | ブルガリア,ヨーロッパ,旅をしながら働く,特集,現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!