> > > カップめんは日本発!アイデアが詰まった『カップヌードル』【日本の不思議】

,,,,, | 日本の不思議,特集,豆知識

カップめんは日本発!アイデアが詰まった『カップヌードル』【日本の不思議】

Oct 23rd, 2017

日本と海外の文化ギャップは、TABIZINEでも長く人気を誇るテーマ。そのギャップを楽しめるのは、日本という国の独特の文化や風土あってこそです。そこで今回は、日本発祥の世界で愛されるもの、実は日本が世界一という意外なトピック、日本独特の興味深い文化などなど、知られざる日本の面白い部分を「日本の不思議」と題し特集したいと思います!

カップめんは日本発!『チキンラーメン』の営業中に生まれた『カップラーメン』【日本の不思議】 (写真はイメージです)

日本人が生み出して、世界に広まった物事は少なくありません。今回のテーマであるカップめんも一緒です。包装と調理器具、容器を兼ねたカップにお湯を注ぐだけで、いつでもどこでも食べられるインスタントのヌードルとして、世界中で愛されています。このカップめん、どのように生まれたかご存知ですか?

 

『チキンラーメン』の営業中に日清の創業者が『カップヌードル』のアイデアをひらめく

カップめんは日本発!『チキンラーメン』の営業中に生まれた『カップラーメン』【日本の不思議】 (C)Masayoshi Sakamoto

そもそも世界で初めてカップめんを考案し、商品化した企業は日清食品になります。『日清カップヌードル』ですね。

1971年に販売が始まった『日清カップヌードル』は特許庁に登録されている特定商品名ですが、あたかも普通名詞のように使われるほど、日本国民に浸透していますよね。

手元の『記者ハンドブック』(共同通信社)を見ても、「カップヌードル」は特定商品名なので、新聞の記事作りでは「カップめん」、または「即席ラーメン」と言い換えるようにと指示が出ています。

これほど国民に定着するインスタントフードのスタートは、『日清チキンラーメン』を日清食品の創業者である安藤百福(ももふく)さんが、初めて欧米に売りに営業に出たときになるといいます。

袋めんの『チキンラーメン』を売り込みに米国のスーパーマーケットに出向いたところ、現地のバイヤーが戸惑った表情を見せたのだとか。丼も箸もない米国では、袋めんを食べようにも食べられなかったからですね。

悩んだ末に紙コップにめんを割って入れ、お湯を注いでフォークで食べたというのですが、この光景を見て安藤百福さんは、何かをひらめいたと言います。紙コップ(カップ)にめんを入れ、お湯を注いでフォークで食べる、そうですね。まさに『日清カップヌードル』のアイデアになります。

 

坂本正敬

,,,,, | 日本の不思議,特集,豆知識


気になる国の記事を検索!