> > 静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

,,, | 観光

静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

ライター: 山口彩
掲載日: Nov 27th, 2013. 更新日: Jan 18th, 2017

静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

ベトナムの首都ハノイを南下すること約100km。ニンビンには、ベトナムの桂林とも思わせる田園風景が広がっています。見たこともないような、でもどこか懐かしさを感じさせるような、秘密の山里—。


陸のハロン湾といわれる景勝地タムコック


静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

ニンビンのボートツアーで有名なのは、タムコック。ハノイからのツアーもあります。
世界遺産でもあるハロン湾は、海の中に山水画のような奇岩が並んでいますが、タムコックは川沿いの陸地に奇岩が並ぶことからこう呼ばれるそうです。

静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

おだやかな川を、ゆっくりと進んで行きます。小舟を器用に足でこぐガイドさんも。日差しをさえぎるものがないので、帽子や傘は必須。

洞窟を抜けないとたどり着けない、というところがまた旅心をくすぐります。

静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

途中、「こんな狭いところに入れるの?」と思うようなところも。

静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

最後の洞窟を抜けると・・・。

静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

鍋底のような盆地に、感動的な光景が待っていました。

静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

のどかです。時が止まってしまったかのよう。永遠にぼおーっとしていたくなるような、別世界です。

静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

ベトナムは、11月〜3月くらいまで乾期にあたり、ベストシーズンを迎えます。
とはいえ、タムコックは観光客が多く、現地のお土産売りがうるさいとの声があるのも事実。

さらなる静けさを求めるなら


静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

静けさ広がるベトナムの田舎「洞窟を抜けると桃源郷であった」

竹の小舟でまわるヴァンロンは、観光地化されていない静けさを求める人に最近人気だそうです。

ほかにも、9つの洞窟をくぐる探検気分満点のチャンアン、タムコックより川はばが狭く、多くの自然が残る隠れスポットのトゥンナンなども。
どのコースがいいか、迷ってしまいそうですね。


[All Photos by shutterstock.com]

山口彩

Aya Yamaguchi 編集長
インターネットプロバイダ、旅行会社、編集プロダクションなどを経てフリーに。TABIZINE寄稿者から二代目編集長へ。可愛いものとおいしいものとへんなものが好き。いつか宇宙に行きたい。


,,, | 観光


観光関連リンク

オーロラベルトのカナダのユーコンに今も増え続ける「標識の森」 オーロラベルトのカナダのユーコンに今も増え続ける「標識の森」
時を超えたエキセントリック!イタリアの「怪獣公園」 時を超えたエキセントリック!イタリアの「怪獣公園」
不意に海氷が割れ20kmも吹雪で飛ばされる死の世界【北極点】旅行ガイド 不意に海氷が割れ20kmも吹雪で飛ばされる死の世界【北極点】旅行ガイド
夏の台湾旅行をより楽しく!知っておくとよいことや夏におすすめのグルメ 夏の台湾旅行をより楽しく!知っておくとよいことや夏におすすめのグルメ
台湾・台中発1日モデルルート】台湾に眠る大自然を感じる溪頭・日月潭の旅 台湾・台中発1日モデルルート】台湾に眠る大自然を感じる溪頭・日月潭の旅
ハノイにするかホーチミンにするか!南北に長いベトナム旅の決め手。 ハノイにするかホーチミンにするか!南北に長いベトナム旅の決め手。
【台北・淡水】台北で過ごすおだやかな時間。夕方からの淡水での楽しみ方4つ 【台北・淡水】台北で過ごすおだやかな時間。夕方からの淡水での楽しみ方4つ
ありえない!日本人がアメリカの温泉街で驚いたこと ありえない!日本人がアメリカの温泉街で驚いたこと
映画「めがね」ロケ地巡礼!世界一”たそがれ”が似合う場所「ヨロン島」 映画「めがね」ロケ地巡礼!世界一”たそがれ”が似合う場所「ヨロン島」
一日で世界旅行も。たった一日でシンガポールのおいしいところを完全制覇 一日で世界旅行も。たった一日でシンガポールのおいしいところを完全制覇
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT