TABIZINE > 観光 > 世界最高峰の波が凄い!別次元の規模と美しい波に挑むサーフィン大会

世界最高峰の波が凄い!別次元の規模と美しい波に挑むサーフィン大会

Posted by: 菅明美
掲載日: Dec 18th, 2013. 更新日: Jan 11th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

日本では冬の寒さが身に染みるこの季節。
ハワイのノースショアでは世界最高峰のビッグウェーブが立つ、サーファーにとってメインシーズンの到来です。

波の大きさは気象条件などさまざまな理由で変化します。夏の間は波も小さいハワイ・ノースショアですが、この季節になると最高の条件が揃い、世界有数のビッグウェーブを見ることができるのです。

そのため、この時期になるとさまざまなサーフイベントも開催され、世界中からトップクラスのプロサーファーが訪れてビーチは大賑わい。映画でしか見たことのないようなビッグウェーブに乗るサーファーを間近で見れるのは、まさに貴重な体験です。

中でも世界的に有名な大会がバンザイ・パイプラインというビーチで開催される「パイプラインマスター」。世界プロサーフィン連盟(ASP)の大会として開催されるこのイベントには、世界トップクラスのサーファーが集結!パイプラインと呼ばれる、巨大な波のトンネルに挑みます。 ハワイ時間の12月8日から12月20日の間で、最も波のいい3、4日の間で開催されます。

地響きがするほどの超ビッグウェーブに多くのサーファーが挑みます。
冬のハワイ・ノースショア、世界最高峰「波のトンネル」に乗ったのは誰だ?
©Mana Photo / Shutterstock.com

見ているだけでもドキドキする波は、まるで別世界。

その様子はライブ中継で世界中に発信され、たくさんのサーファーがその動向を見守ります。ワールドツアーの最終戦ともなるこの大会。今年は先日開催され、ライブ中継を多くの人が見守りました。

10〜15フィート(3〜4m)の波に挑む多くのサーファーたち。この大会の優勝者は、世界タイトルを7回連続獲得したケリー・スレーター!

今回のイベント会場には、数万のサポーターが駆けつけ、至上最強のサーファー、ケリー・スレーターが通算56勝目となる瞬間を目撃したそう。

冬のハワイ・ノースショア、世界最高峰「波のトンネル」に乗ったのは誰だ?
©jarvis gray / Shutterstock.com

サーフィンをやったことがなくても、一度は拝んでみたい世界最高峰の波。
真摯に取り組むアスリート達の姿と、自然の底知れぬ凄さに感動すること間違いなしです。

[ASPワールドツアー]

菅明美

Akemi Kan 編集/ライター
某出版社勤務後独立。昨年マガジンハウスより、海を愛するビーチガールのためのファッションカルチャーマガジン『FLOWER』を創刊。現在は、海や山、旅などを中心としたさまざまな媒体に執筆中。趣味はサーフィンと旅。ボヘミアンな暮らしを求めて、日々妄想&世界旅を実践。今年の秋には某編集プロダクションから新雑誌を発行予定。

| 観光,旅のハウツー


観光関連リンク




東京ディズニーシー ラプンツェルの森 塔のアップ 東京ディズニーシー ラプンツェルの森 塔のアップ
ギョベクリテペ ギョベクリテペ
「阿伏兎観音」観音堂 「阿伏兎観音」観音堂
ユーロ2024サッカーフェスティバル(ドイツ・フランクフルト)のイメージ ユーロ2024サッカーフェスティバル(ドイツ・フランクフルト)のイメージ

海遊館2 海遊館2

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#サーフィン



観光 旅のハウツー