> > 【31のメキシコ世界遺産から】人類の謎残る、魅惑の「古代遺跡」10選

【31のメキシコ世界遺産から】人類の謎残る、魅惑の「古代遺跡」10選

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

カサス・グランデスのパキメ遺跡地帯 (1998年登録)

北部チワワ州の砂漠地帯にある、迷路のような造形のパキメ遺跡(14世紀頃)

カンペチェ州、カラクムルの古代マヤ都市 (2002年登録)

現存するマヤ文明の遺跡では最大の30km²の広さを誇る5世紀ごろの都市。

古代都市エル・タヒン(1992年登録)

ベラクルス州の渓谷にある古代都市エル・タヒンは、650〜950年ごろにウアステカ人によって建立された可能性が高い遺跡。

, | 観光,旅のハウツー


観光関連リンク


さあ!香川キラリ旅 さあ!香川キラリ旅

沖縄西表島 沖縄西表島



黄金すすき野原 黄金すすき野原
東京さんぽ・立川 昭和記念公園のコスモス 東京さんぽ・立川 昭和記念公園のコスモス
紅葉の小径 紅葉の小径
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#おすすめ #古代遺跡



観光 旅のハウツー