> > > 緑揺れる、初夏の庭に会いに行く。東京の自然散策スポット4つ

緑揺れる、初夏の庭に会いに行く。東京の自然散策スポット4つ

ライター: 山口彩
掲載日: May 14th, 2014. 更新日: Jun 20th, 2017



初夏の緑のまばゆさは、赤ちゃんの愛らしさに似ています。生命力に溢れ、無邪気で、まっすぐで、澄みきっているー。気持ちが浮かないときには、そのまっすぐさに切なくなることもありますが、同時に癒されるのも事実。

日差しに目を細めながら、近づいてくる夏の予感に少し心を踊らせ、でも今はこの季節の美しさに身をゆだねていたいと思う。そんな時間を過ごせる、大人の初夏散歩にふさわしいスポットを探してみました。


旧古河庭園


西洋庭園、日本式庭園、滝や池など見どころあふれる旧古河庭園。元は古河財閥の邸宅だったそう。古きよき時代の優雅さにふれることができる、贅沢な庭園です。建築家ジョサイア・コンドル氏による洋館内の見学は、往復葉書による事前の申込みが必要。

新緑のもみじは、秋とはまた違う青々とした色が、新鮮に映ります。6月8日までは「春のバラフェスティバル」が催されています。5月16日~25日は21:00(最終入園は20:30)までライトアップされたお庭を楽しむこともできるそうですよ。


旧古河庭園
住所:東京都北区西ヶ原一丁目
電話:03-3910-0394(旧古河庭園サービスセンター)
営業:9:00~17:00(入園は16:30まで)※年末年始、補修工事中などは休園
料金:一般150円、65歳以上70円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

旧岩崎邸庭園


三菱財閥の三代目、岩崎久彌氏の本邸として建てられた岩崎邸庭園。木造の洋館は地下道で撞球室(ビリヤード場)とつながっていて、随所に見事な装飾が施されています。

1階のサンルームは細い木枠の広々とした窓に囲まれていて、外の景色に心が和みます。洋館の窓越しに眺める新緑もまたいいものです。

ガイドボランティアによる見学ツアーも11:00、14:00の2回開催されています。予約不要、参加費無料なので、気軽に参加できそうですね。

旧岩崎邸庭園
住所:東京都台東区池之端
電話:03-3823-8340(旧岩崎邸庭園サービスセンター)
営業:9:00~17:00(入園は16:30まで)※年末年始、補修工事中などは休園
料金:一般400円、65歳以上200円(小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料)

,,,,,,,,, | 東京都23区,関東


関東の東京都23区関連リンク

IMG_0056-2 IMG_0056-2
横浜赤レンガ倉庫 横浜赤レンガ倉庫
東京パンダクッキー 東京パンダクッキー
224032-01 224032-01
20181201_234720 20181201_234720
ストロベリー・ワンダーパーク ストロベリー・ワンダーパーク
222986-07 222986-07
東京ばな奈パンダ 東京ばな奈パンダ
東京駅手土産 プティパウンド・Suicaのペンギン 東京駅手土産 プティパウンド・Suicaのペンギン
チョコマントやきいも お団子 チョコマントやきいも お団子
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

東京都23区 関東