> > > > 世界遺産「自由の女神」に刻まれた、心に残る名詩

世界遺産「自由の女神」に刻まれた、心に残る名詩

ライター: 青山 沙羅
掲載日: Jul 13th, 2014. 更新日: Mar 11th, 2017

7月4日はアメリカの独立記念日でした。アメリカの象徴といえば、世界遺産でもある自由の女神ですが、台座に刻まれた詩をご存知でしょうか?
心を揺さぶる美しい詩は、130年以上経っても古さを感じさせません。

【心に残る名詩】自由の女神に刻まれた詩

Give me your tired,
your poor,
Your huddled masses yearning to breathe free,
The wretched refuse of your teeming shore.
Send these,
the homeless,
tempest-tossed to me,
I lift my lamp beside the golden door!”

Emma Lazarus, 1883



【心に残る名詩】自由の女神に刻まれた詩

疲れ果て、
貧しさにあえぎ、
自由の息吹を求める群衆を、
私に与えたまえ。

人生の高波に揉まれ、拒まれ続ける哀れな人々を。

戻る祖国なく、
動乱に弄ばれた人々を、
私のもとに送りたまえ。

私は希望の灯を掲げて照らそう、
自由の国はここなのだと。

エマ・ラザラス(意訳 青山沙羅)

,,,,,, | アメリカ,世界遺産,北アメリカ,観光,観光,豆知識,豆知識


アメリカの観光関連リンク

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき? 人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装 【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装
訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」 訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」
アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ
ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ
エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体 エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体
アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力 アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力
ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入 ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入
アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの
ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ) ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT