> > > > ワクワクどきどき!恐竜たちと一夜を過ごす、リアル・ナイトミュージアム

ワクワクどきどき!恐竜たちと一夜を過ごす、リアル・ナイトミュージアム

ライター: 青山 沙羅
掲載日: Jul 14th, 2014. 更新日: Jun 16th, 2017

ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館(The America Museum of Natural History)では、館内にお泊まりする”A Night at the Museum”があります。

ワクワクどきどき、宿泊できる博物館!恐竜たちと過ごすナイト・ミュージアム
©American Museum of Natural History

この博物館は、映画「ナイト・ミュージアム(Night at the Museum)」(2006年)で人気になりました。夜になると、恐竜などの展示物が博物館を歩き回るという内容なのです。

ワクワクどきどき、宿泊できる博物館!恐竜たちと過ごすナイト・ミュージアム
©2006 Twentieth Century Fox


【You Tube ナイト・ミュージアム 予告編】

https://www.youtube.com/watch?v=3sY1hQriJiY



もちろん、このお泊まりでも検証しますよ。懐中電灯を片手に、静まり返った館内をこわごわ巡回。ちょっと〜、この恐竜動かなかった〜?(笑)

ワクワクどきどき、宿泊できる博物館!恐竜たちと過ごすナイト・ミュージアム
©American Museum of Natural History


対象年齢は6-13歳で、残念ながら大人は対象外です。3名の子供に21歳以上の大人1名(女性のみ)が付き添う必要があるので、こちらを狙ってみて下さい。
チェックインは、6-8pmの間、翌日9amアウト。クッキーやフルーツ、飲み物などの夜間のスナック、朝食は含まれますが、夕食はつきませんので、済ませて参加して下さいね。
トーテムポール作りのプログラムや夜間の展示室見学、映画上映など盛り沢山の内容。おおっぴらに夜更かしの夜になります。子供たちは興奮必須、誰もが忘れられない夜になるでしょう。

ワクワクどきどき、宿泊できる博物館!恐竜たちと過ごすナイト・ミュージアム
©American Museum of Natural History


就寝エリアは、海洋生物ゾーン(Milstein Hall of Ocean Life)。
シロナガスクジラ(実物大模型)に見守られて、各自持参した寝袋の中で眠りにつきます。さて、どんな夢を見るのでしょうか。ワクワクしてなかなか眠れないかもしれませんね。

ワクワクどきどき、宿泊できる博物館!恐竜たちと過ごすナイト・ミュージアム
©American Museum of Natural History


持参が必要なもの

寝袋

懐中電灯(探検用です。忘れずに!)
カメラ
歯ブラシ、歯磨き粉
パジャマ
小銭(自動販売機用)



ワクワクどきどき、宿泊できる博物館!恐竜たちと過ごすナイト・ミュージアム
©American Museum of Natural History


A Night at the Museum

アメリカ自然史博物館 The American Museum of Natural History 
住  所:Central Park at 79th Street
参加費 :$145
対象年齢:6 – 13歳 (上限は日程により16歳まで)
予約受付:電話のみ 212-769-5200(月-金 9am-5pm)
2014年7月現在の情報です。
開催日、スケジュールは、ウェブサイトにてご確認下さい。

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファー同居人氏とNY在住。


,,, | アメリカ,人気ツアー,北アメリカ,観光,観光


アメリカの観光関連リンク

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき? 人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装 【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装
訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」 訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」
アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ
ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ
エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体 エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体
アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力 アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力
ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入 ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入
アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの
ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ) ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

アメリカ 人気ツアー 北アメリカ 観光 観光