> > > > 日本文化が海を渡り「ハワイ名物」に生まれ変わったもの3つ

日本文化が海を渡り「ハワイ名物」に生まれ変わったもの3つ

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

日本の伝統とアメリカ軍保存食が生んだ「スパムおむすび」

日本文化が海を渡り「ハワイ名物」に生まれ変わったもの、3つの物語

ハワイに行ったら必ず食べておきたい名物料理として挙げられる「スパムむすび」(スパムおにぎり)。ハワイの郷土料理というイメージですが、こちらも日本独特の文化が深い影響を与えた名物グルメだといわれています。

日系移民の人々は、よく昼食に「おにぎり」「海苔巻き」を持参していたそうですが、この習慣と、当時アメリカ軍の保存食として太平洋の島々に普及した「スパム」が合体したとされています。

第二次大戦後、日系移民からハワイ在住日系アメリカ人になった人々が「スパムとお米が合う」と、その意外な美味しさを発見。第二次大戦後に「スパムむすび」として考案されて、当時日系移民が営んでいた食料品店やおかず屋さんでも扱うようになったのです。

「食べやすい」「手軽なお昼ごはんにぴったり」とじわじわ人気が広がり、今ではハワイ旅行でははずせない定番メニューに生まれ変わりました。日本、アメリカの食文化が見事に融合したスパムむすびは、こうして、多くの人から愛されるハワイ国民食の地位を確立したのです。

アロハシャツ、シェイブアイス、スパムむすび。その他にも、ハワイでは日本人独自の文化が影響を残して、名物に生まれ変わったものがたくさんあるといわれています。そんな物語を胸にハワイ名物を楽しむと、ひと味違った面白さが感じられそうですね。

[Photo by shutterstock.com]

松元 春菜

HARUNA ライター
ライフスタイル、旅行、美容・健康、ファッションなどのコラム記事を執筆しているライターのHARUNAです。両親が貿易雑貨の仕事をしており、幼少の頃から買い付けに同行してヨーロッパなど各国を周りました。その影響で海外旅行が大好きに。文章を書く仕事を経て、現在はフリーのライターとして活動中。海外旅行が生きがいで、特にハワイとフランス好き。各国の楽しいニュースをお届けしたいと思います!

| 観光,グルメ,お土産,リゾート,北アメリカ,お土産,アメリカ,グルメ,観光


アメリカのお土産関連リンク

Canal street Market ペイント Canal street Market ペイント
Bookstore Bookstore
Reading Terminal Market フィラデルフィア サンドイッチ Reading Terminal Market フィラデルフィア サンドイッチ
各国かっぱえびせん 各国かっぱえびせん
偽コアラ きんくま 偽コアラ きんくま
ACT2膨らみ ACT2膨らみ
アメリカのポップコーンいろいろ アメリカのポップコーンいろいろ
バースデーケーキ味ゴールデンオレオ バースデーケーキ味ゴールデンオレオ
ニューヨーク トレーダージョーズ ニューヨーク トレーダージョーズ
オキシクリーン オキシクリーン
1 2 3 4 5 6 7 NEXT