> > > > 【戦国時代から続くフリーマーケット】世田谷ボロ市で宝探し!

【戦国時代から続くフリーマーケット】世田谷ボロ市で宝探し!

ライター: 今井明子
掲載日: Nov 27th, 2014. 更新日: Jan 11th, 2017


全国から人が集まる、東京の冬の風物詩


毎年12月と1月に開催される世田谷ボロ市。約700もの露店が軒を連ね、全国から数十万人が訪れるという東京の冬の風物詩です。

その歴史はなんと400年以上!はじまりは、小田原城主北条氏政によって開かれた楽市です。楽市とは、市場税をすべて免除して、自由な出店を認める市のこと。当時世田谷は、江戸と小田原を結ぶ街道の重要な地点として栄えていました。江戸時代に入り世田谷が寂れてしまうと、楽市も廃止されました。しかし、市場の伝統はずっと続き、近所の農村の歳の市として12月15日に開かれるようになります。やがて、明治時代に入り、暦が変わると、1月15日にも開かれることに。

戦国時代から続くフリーマーケット、世田谷ボロ市で宝探し ©Akiko Imai

そして現在では、毎年12月15日、12月16日、1月15日、16日に開催されているのです。

古着から雑貨、食べ物まで多彩な品ぞろえ


というわけで、実際のボロ市の様子をレポートいたしましょう。

まずは、古い着物。驚きの安さですが、じっくり見ていくと、思わぬ掘り出し物が見つかることも。これは着物好きにはたまりません!

歳の市ということもあり、神棚や餅つき道具などといったお正月用品も売られています。
でも、どれも大きくて重そう。どうやって持ち帰るのでしょうか。気になります。


戦国時代から続くフリーマーケット、世田谷ボロ市で宝探し ©Akiko Imai

12月に訪れると、冬至に向けて柚子も売られていました。
こんなにたくさんあると、冬至を待たずに柚子湯につかりたくなってしまいますね!


戦国時代から続くフリーマーケット、世田谷ボロ市で宝探し ©Akiko Imai

器類もたくさん。


戦国時代から続くフリーマーケット、世田谷ボロ市で宝探し ©Akiko Imai

昭和の香りを感じさせるレトロな雑貨類。


戦国時代から続くフリーマーケット、世田谷ボロ市で宝探し

©Akiko Imai

ボロ市という名前ではありますが、売られているのは必ずしも中古品とは限りません。
このようなハンドメイド雑貨のお店もあります。


戦国時代から続くフリーマーケット、世田谷ボロ市で宝探し ©Akiko Imai

小腹がすいたら、食べ歩き!これもボロ市の楽しみのひとつですね。


木枯らしの吹く、真冬に行われるボロ市ですが、いざ訪れてみると、人々の熱気で頬がほてってきます。あれこれお店を覗きながら歩くと、帰りはグッタリ。でも、その疲れがまた、心地いいんですよね。


世田谷ボロ市
開催日:12/15、16、1/15、16
開催時間:9:00~20:00
開催場所:世田谷区ボロ市通り
問い合わせ先:
03-5432-1111(世田谷総合支所区民部地域振興課)
03-3429-1829(世田谷ボロ市保存会) ※当日のみ

今井明子

Akiko Imai ライター・気象予報士
「団子より花」をモットーに、グルメよりは生き物や絶景を求めて旅するフリーライター。普段は医療系記事・育児&教育系記事・子ども向け科学本などを執筆する傍ら、気象予報士としてお天気教室の講師も務める。共著書に『気象の図鑑 (まなびのずかん)』(技術評論社)がある。

,, | グルメ,グルメ,東京都23区,観光,観光,関東


東京都23区のグルメ関連リンク

18-12-15-01-25-36-216_deco 18-12-15-01-25-36-216_deco
225740-8 225740-8
東京土産 福みたらし 東京土産 福みたらし
カルディ2019年福袋 カルディ2019年福袋
224474-05 224474-05
18-12-05-23-30-35-891_deco 18-12-05-23-30-35-891_deco
キャラメルウィッチ キャラメルウィッチ
ベルアメール クリスマス ベルアメール クリスマス
マウントバーム しっかり芽 東京駅限定パッケージ2 マウントバーム しっかり芽 東京駅限定パッケージ2
18-12-17-04-58-12-461_deco 18-12-17-04-58-12-461_deco
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

グルメ グルメ 東京都23区 観光 観光 関東