> > 夢があっていいな、フランス国鉄の楽しいキャンペーン広告3つ

夢があっていいな、フランス国鉄の楽しいキャンペーン広告3つ

Posted by: sweetsholic
掲載日: Dec 8th, 2014.
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

フランスとヨーロッパ各地を結ぶフランス国鉄「SNCF」。フランス国内の移動はもちろん、国境を隔てた国々への移動にとても便利な交通機関です。

夢があっていいな、フランス国鉄の楽しいキャンペーン広告3つ
©youtube/SNCF

フランスを始め、ヨーロッパの広告には芸術性のあるものが多数あります。なかでもSNCFの広告は秀逸。大人でもワクワクしてしまいそうな内容なのです!


パリに「どこでもドア」が出現!?

2013年に行われた「Europe. It’s Just Next Door」という、パリとヨーロッパの各都市を結ぶSNCFのキャンペーン広告をご紹介しましょう。

パリの街中ににカラフルなドアが出現! 街並とそぐわない異様なドアを開くと、そこは別世界。ミラノやブリュッセル、バルセロナといったヨーロッパの地域やアーティストらがデジタルサイネージ上に現れるのです。

https://www.youtube.com/watch?v=GGW6Rm437tE

ドア越しに現れるパントマイムアーティストに画家、ダンサーらとリアルタイムでコミュニケーションが図れるのがとてもユニーク。

フランスに居ながら、ベルギーを体感

続いては、フランス南東部の都市リヨンとベルギーのブリュッセル間を結ぶ直通の高速列車TGVの誕生を記念して、2012年に制作されたキャンペーン広告。リヨンの人々にブリュッセルを体験してもらおうというこの企画、街中に用意されたボックスを覗くと、ブリュッセルの街並と音楽隊がデジタルサイネージのスクリーン上に現れます。

https://www.youtube.com/watch?v=KDYsHAhPyuQ

こちらも「どこでもドア」と同じく、リアルタイムで会話ができる仕組みになっています。音楽隊と会話する人々の笑顔が印象的です。

オブジェ風のアートな広告

2014年の夏のバカンスに向けたキャンペーン「Instants V」では、オペラ歌手やマリリン・モンローをモチーフにした立体的なオブジェ風の広告をフランスの街中にセット。五感を使って楽しめるユニークな広告に、足を止める通行人が続出!

https://www.youtube.com/watch?v=pVIhXXxBCU0

このキャンペーンはコンサートや博物館のチケットと列車の乗車券をセットにしたもので、夏休みを盛り上げる企画として登場したものです。

現代の技術と伝統や文化をうまく織り交ぜた広告の数々、どれも素敵ですね。

[sncf.com]

sweetsholic

sweetsholic ライター
海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。世界で経験した文化や学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理が大好き。寄稿媒体:Pouch、ANGIEなど

ブログ
https://ameblo.jp/ma-petite-chocolatine/


| 豆知識


豆知識関連リンク


三重県伊勢市・猿田彦神社 三重県伊勢市・猿田彦神社
愛知県蒲郡市・八百富神社 愛知県蒲郡市・八百富神社

石川県金沢駅の鼓門 石川県金沢駅の鼓門
柿田川公園ブルーホール 柿田川公園ブルーホール

岐阜県・養老の滝 岐阜県・養老の滝


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#フランス国鉄



豆知識