TABIZINE > 観光 > 絶景 > 自転車で海峡横断!絶景しまなみ海道と寄り道グルメ

自転車で海峡横断!絶景しまなみ海道と寄り道グルメ

Posted by: Nao
掲載日: Jul 20th, 2015. 更新日: Mar 9th, 2024
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

心を癒してくれる、海と島々の風景

サイクリングの聖地!景色もグルメも最高の、しまなみ海道

本州と四国を結ぶ全長約70km「瀬戸内しまなみ海道」。真っ青な海と緑あふれる島々を駆け抜けるサイクリングコースとして人気が高く、外国人旅行者も多く訪れるほど。今回は美しい瀬戸内の海と、寄り道したくなる島のグルメをご紹介しましょう。

しまなみ海道(正式名称:瀬戸内横断自転車道)は広島県尾道市から愛媛県今治市を結び、海峡を横断する自転車道としては日本で初めて。

サイクリングの聖地!景色もグルメも最高の、しまなみ海道
(C)NAO

しまなみ海道にある橋の中で最も長い、来島海峡大橋。まるで空を駆け抜けるようなサイクリングに。

サイクリングの聖地!景色もグルメも最高の、しまなみ海道
(C)NAO

橋から望む瀬戸内海。キラキラと輝く澄んだ海の色に目を奪われます。

サイクリングの聖地!景色もグルメも最高の、しまなみ海道
(C)NAO

来島海峡大橋を渡ったところにある小さな入江。海の青いグラデーションが清涼感たっぷり。

サイクリングの聖地!景色もグルメも最高の、しまなみ海道

緑あふれる島を結ぶ、伯方大島大橋。見近島(無人島)を境に、形状の異なる2つの橋が連なります。

大三島と生口島を結ぶ多々羅大橋。日本最長の斜張橋でもあり、空に突き抜けるようにそびえる主塔が優雅。

向島の高見山展望台から望む瀬戸内の海。夕日が島々をいっそう美しく映しています。時間によって表情を変えるこの景色を、ゆっくりと楽しみたいものです。

次は、はずせない寄り道グルメをご紹介!

個性あふれるしまなみ海道グルメ

今治を代表する名物といえば、鉄板で焼くスタイルの「やきとり」。造船業が盛んな今治では、鉄板が手に入り易かったことが発祥した由来だそう。大きなコテでギュッと押しつけられた鶏皮は、余分な脂が落ちカリカリした食感が絶妙! ゆるキャラ「バリィさん」が鳥なのも、このやきとりが由来なんです。

大島の道の駅、よしうみいきいき館名物の「海鮮七輪バーベキュー」。新鮮な魚介類を豪快に焼いていただけます。シンプルにお醤油だけで味わう究極の贅沢!

サイクリングの聖地!景色もグルメも最高の、しまなみ海道
(C)NAO

伯方島にある、伯方S・Cパーク マリンオアシスはかたでぜひ食べたいのが、今治名物「焼豚玉子飯」。柔らかい焼豚と半熟目玉焼きが甘いタレと相性抜群! サイクリングのエネルギーチャージにピッタリ。

生口島は瀬戸内海でも指折りの柑橘類の産地と知られ、レモンの生産量は日本一。瀬戸田の人気店「ドルチェ」では、地元で生産された果物などから作られたおいしいジェラートを販売しています。太陽をたっぷり浴びた素材の味を楽しみたいところ。

尾道が誇る名物「尾道ラーメン」。鶏ガラを主体とした動物系ダシに、瀬戸内の小魚からとった魚介系の旨味を合わせたスープが特徴の尾道ラーメン。ちょっと昔ながらの味わいを堪能したいですね。

今や世界中のサイクリストの憧れの地でもあるしまなみ海道。瀬戸内の美しい島々やどこまでも青い海、爽やかな潮風を体感する旅はいかがでしょうか?

Nao

Nao ライター
メーカー、ITベンチャー勤務を経てフリーランスに。
学生時代から旅を続け、渡航国は現在50カ国。
特技は陸路国境越え。グルメレポート翌日に大学の最先端研究を取材したり、ロシア州知事にインタビューしたり。幅広い対応力とフットワークの軽さが自慢。日本ソムリエ協会認定資格ワインエキスパート保有。



,,, | 観光,グルメ,お土産,旅のハウツー,絶景,豆知識,中国,四国,広島県,愛媛県,お土産,お土産,グルメ,グルメ,観光,観光,豆知識,豆知識


観光の絶景関連リンク


オノマトペの屋上2 オノマトペの屋上2

六本木一丁目 2024 桜 高層ビルと桜 六本木一丁目 2024 桜 高層ビルと桜
あしかがフラワーパーク あしかがフラワーパーク

ハチドリの地上絵 ハチドリの地上絵
デルフトの家と自転車 デルフトの家と自転車

鶴仙渓河床① 鶴仙渓河床①
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#しまなみ海道 #コース #サイクリング #瀬戸内海