> > > > 死してなお旅人のあなたへ。宇宙葬、キノコ葬も!?

,,,,,,,,,, | 豆知識,アジア,アジアその他,トレンド,モンゴル

死してなお旅人のあなたへ。宇宙葬、キノコ葬も!?

ライター: africa
更新日: Apr 12th, 2018

死後も旅するというのは、自由を愛する旅人の大いなるロマンですね。

束縛されるのが大キライ!死してなお魂も旅人のあなたに。

チベットやモンゴルの一部などでは、魂の抜けた身体を「天へと送り届ける」と信じて行われる鳥葬。重力から開放された魂は、鳥に乗って空へと旅立ちます。しかし鳥葬はかなりハードルが高そうですよね。

一般的には今生の別れを告げたあと、日本では火葬、海外の多くでは土葬。お墓に入り、残してきた家族を草葉の陰からそっと見まもるのも悪くはないけれど、少しだけ変化に富む死後でありたい。そう思う方が増えつつあるのか、昨今お墓に眠る以外の選択肢に広がりがあるのを、ご存じですか?

風に乗って野山へ旅を続ける

房総台地に5万坪の里山を所有する「清風会」では、パウダー状の遺骨は祭壇に置かれ、風の吹くまま大地に戻ります。まさに「千の風になって」の如く、風による散骨で自然の中に開放される自然葬という選択です。

大地のぬくもりと自然の一部になる

束縛されるのが大キライ!死してなお魂も旅人のあなたに。

梅になりたい、のそばにと告げ、その遺灰を樹木の根元に埋葬してもらい、自然に戻る樹木葬。樹木に魂を宿らせて、星降る夜、紅に色づく空、小鳥のお喋り、しのつく雨、日々の移り変わりを感じながら、大地と共に生きる選択。

海になって世界中を旅し続ける

束縛されるのが大キライ!死してなお魂も旅人のあなたに。

世界中の陸地をつなぐ海に散骨してもらい、地球を旅し続けるという選択も。

,,,,,,,,,, | アジア,アジアその他,トレンド,モンゴル,豆知識,豆知識,豆知識