> > > > 【期間限定】幻のチーズ!?一度は食べたい「モンドール」って?

,,, | お土産,グルメ,フランス,ヨーロッパ,現地レポート,豆知識

【期間限定】幻のチーズ!?一度は食べたい「モンドール」って?

ライター: 北川菜々子
更新日: Jan 18th, 2017

先月、モンドールが解禁されました。チーズ愛好家も待ちに待った季節の到来。モンドールがチーズ屋さんに並ぶと秋の訪れを実感する、フランスの風物詩なのです。モンドールは、8月15日から3月15日まで製造され、9月10日から5月10日までしか販売されない期間限定のチーズです。



モンドールってどんなチーズ?

モンドールはフランスとスイスの国境のジュラ山脈のモンドール(黄金の山)一帯で飼われている牛の牛乳から作られるチーズです。ウォッシュタイプと呼ばれるチーズで、滑らかな口当たりが特徴です。モンドールは11センチから33センチの大きさで、6センチから7センチの高さのある円形状のチーズです。エピセア(モミの木の一種)の樹皮に包み3週間程熟成させます。他のウォッシュタイプのチーズと違うのは、熟成の期間塩水で丁寧にチーズの表面を洗うことで、よりクリーミーな味に仕上がるのです。

モンドールの季節がやってきた!期間限定のフランスのチーズ
(C) Nanako Kitagawa

スプーンですくえるチーズ

モンドールの表面は白カビに覆われていますが、中はとろっとしいて柔らかく口に入れた瞬間ふわっととろけるチーズです。クリームのように柔らかいチーズなので、同じ円形のカマンベールとは違い切り分けることができません。モンドールはすくって食べることから、フランスでは「スプーンですくえるチーズ」と言われています。他のチーズでは味わえないこの濃厚なとろみと奥深い味わいを一度体験すると、やみつきになるほどです。

モンドールの季節がやってきた!期間限定のフランスのチーズ
(C) Nanako Kitagawa

モンドールのポピュラーな食べ方

モンドールの一般的な食べ方を紹介したいと思います。モンドールの真ん中をスプーン等でくり抜きます。そこに磨り下ろしたニンニクと白ワインを入れ、アルミホイルで包み200度のオーブンで30分ほど焼くと出来上がりです。アルミホイルを取り、中のチーズをすくってみるとホクホクでトロトロ。パンや茹でたじゃがいもと絡めて食べます。チーズフォンデュのようにして食べるこのモンドールは、寒い冬に外で冷えた身体を温めてくれます。

以前は日本ではほとんど手に入らなかったそうで、モンドールは幻のチーズとも呼ばれているそうです。現在はいくつかのネットショップでは購入できるようになりました。ぜひともフランスの風物詩モンドールを食し、フランスの秋冬の食文化に触れてみてくださいね。


[Mont d’Or]
[LA PLUS BELLE PREUVE D’AUTHENTICITÉ]

北川菜々子

Nanako Kitagawa ライター
2007年よりフランス在住。パリ第八大学大学院を卒業。専攻は文化コミュニケーション。趣味は映画、読書、写真、雑貨、料理、街歩き、カフェ巡り。初めて訪れたその日からすっかりパリの街に魅了され、今日も旅をするようにパリの街を歩き回る。


,,, | お土産,お土産,グルメ,グルメ,フランス,ヨーロッパ,現地レポート,現地レポート,豆知識,豆知識