> > > > 日本でも本場の味を。フランスのそば粉のクレープ「ガレット」のおいしい店

日本でも本場の味を。フランスのそば粉のクレープ「ガレット」のおいしい店

Posted by: 北川菜々子
掲載日: Nov 4th, 2015. 更新日: Dec 2nd, 2015
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

パリッとした表面にもちっとした食感、そば粉の香りが口いっぱいに広がるブルターニュの郷土料理そば粉のガレット。日本でもそば粉のガレット専門のレストランが年々オープンされているので、名前は聞いたことがあるという読者もいらっしゃるのではないでしょうか。フランスのそば粉のクレープ、ガレットは一体どんなものでしょう。現地からレポートします。


そば粉のガレット発祥地ブルターニュ

日本でも大人気 フランスのそば粉のクレープ、ガレットとは

ブルターニュはフランスの北西部の半島に位置し、海に囲まれた地域です。険しくも美しい自然がそこにはあります。ブルターニュには独自の言語ブルトン語を現在も継承し続け、他の地方と違った独自のアイデンティティを築いていることでも有名です。ブルターニュは海の豊富な食材に恵まれているガストロノミーな地域でもあります。内陸では酪農業もさかんで、フランスを代表するバター、ボルディエはここブルターニュで生産されています。

そば粉のガレットとは

日本でも大人気 フランスのそば粉のクレープ、ガレットとは

そば粉は日本特有の穀物のように思うかたもいると思いますが、フランスでは黒い小麦粉と呼ばれ主にクレープに使用されます。遠い昔、アジアからそば粉が伝わり、何世紀にも渡りブルターニュではそば粉が主食として食べられていたそうです。

そば粉のガレットはそば粉、牛乳、水、塩を混ぜ、1時間ほど寝かしたものをクレープのように薄くのばし、バターでこんがりと焼いたものです。その上にチーズ、ハム、卵をのせます。これはガレットコンプレといわれる一番シンプルで王道なガレットです。家庭ではこのそば粉のガレットを作るのは容易ではないので、すでに出来上がったガレットを購入して、トッピングは自由に行なうのが一般的です。

,,,,,,, | グルメ,豆知識,現地ルポ/ブログ,関東,ヨーロッパ,東京都23区,フランス,グルメ,グルメ,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,豆知識,豆知識


東京都23区のグルメ関連リンク

HANABAR01 HANABAR01
Dean & Deluca2 Dean & Deluca2

ノワ・ドゥ・ブール 秋限定の新商品 ノワ・ドゥ・ブール 秋限定の新商品
omo-bar2 omo-bar2
Farmer's soft cream ロイヤルスウィートバニラソフトクリーム Farmer's soft cream ロイヤルスウィートバニラソフトクリーム
タルト タルト
top フレンチトーストフィナンシェ top フレンチトーストフィナンシェ
MATCHA365秋葉原店 1mmクリームアイス MATCHA365秋葉原店 1mmクリームアイス
くらすわ東京スカイツリータウン・ソラマチ店 クリームパン くらすわ東京スカイツリータウン・ソラマチ店 クリームパン
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT