TABIZINE > ヨーロッパ > イタリア > 現地ルポ/ブログ > 【イタリア】キリスト教巡礼の地。世界遺産「アッシジ」バラ色の町に癒される

【イタリア】キリスト教巡礼の地。世界遺産「アッシジ」バラ色の町に癒される

Posted by: 藤原亮子
掲載日: Apr 8th, 2016.
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

イタリアの中央部にあり、緑豊かなことから、“緑のハート”と呼ばれるウンブリア州に、やわらかなバラ色をした町があります。

世界遺産「アッシジ」バラ色の町に癒される

世界遺産にも登録された美しき町「アッシジ」、豊かな緑に抱かれたバラ色の町をご紹介します。


バラ色の町アッシジの癒し

アッシジ、なんか聞いたことあるような、と思われる方も多いと思います。アッシジはイタリアの守護聖人であり、清貧の聖人として、キリスト教において信仰を集める聖フランチェスコの故郷で、キリスト教の巡礼の地としても有名です。

世界遺産「アッシジ」バラ色の町に癒される

こちらがその聖フランチェスコの教会。聖フランチェスコの説いた、富を求めず、貧しくても清らかな行いをするという清貧の教えは、キリスト教のなかで重要な教えの一つであり、巡礼の地としてここを訪れる人がたくさんいます。

世界遺産「アッシジ」バラ色の町に癒される

巡礼のためだけに限らず、この町が人気を集めるのはその町の美しさ。町全体が淡いバラ色をしているのです。

世界遺産「アッシジ」バラ色の町に癒される

それはこの地方で摂れる石がその色をしているから。そこから切り出した石で作ったため、町は淡いバラ色をしているのです。

世界遺産「アッシジ」バラ色の町に癒される

こちらの教会と鐘楼も淡いバラ色。

世界遺産「アッシジ」バラ色の町に癒される

そして教会等の特別な建物だけでなく、普通の家や石垣までも、町は石造りですから、街全体がやわらかなバラ色に染まっています。

世界遺産「アッシジ」バラ色の町に癒される

その淡いバラ色に包まれているだけで、なんだか穏やかな気分になります。

世界遺産「アッシジ」バラ色の町に癒される

やわらかなバラ色に気分がほぐれたところに届く、鳥の声、葉をサラサラと揺らす風、爽やかな草花の香り、潤った森の匂い、注ぐ太陽の温かさ・・・本当はとても普通の、でも私たちが日頃忘れてしまっている自然の美しさがスッと体に染み渡り、どんどんと癒されていくようです。

世界遺産「アッシジ」バラ色の町に癒される

そう、この町の本当の魅力は美しい町だけではありません。それが、美しく豊かな自然に包まれているということ。

聖フランチェスコは、重い病に臥せっていたのを、この地で癒したといわれています。緑溢れる自然に囲まれた美しい町は、穏やかな空気に満たされて、今日も訪れる人々をやさしく包んでくれています。

[All photos by Ryoko Fujihara]

藤原亮子

Ryoko Fujihara フォトグラファー&ライター
イタリア・フィレンツェ在住フォトグラファー&ライター。東京でカメラマンとして活動後、’09年、イタリアの明るい太陽(と、おいしい食べ物)に魅せられて渡伊。現在、イタリアで撮影・執筆活動をしつつ、更なる美しい景色を求めてカメラ片手に旅を続けている。

| 観光,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,イタリア,現地ルポ/ブログ,観光


イタリアの現地ルポ/ブログ関連リンク

プロヴァンス 朝食 プロヴァンス 朝食
ノルウェイジャン-メイン ノルウェイジャン-メイン






ベネチア旅行ゴンドラ ベネチア旅行ゴンドラ
動物型のチョコレート 動物型のチョコレート
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#キリスト教