> > > ナイアガラの滝にジップラインが登場!宙吊りになって楽しむ新アトラクション

ナイアガラの滝にジップラインが登場!宙吊りになって楽しむ新アトラクション

ライター: 坂本正敬
掲載日: Oct 9th, 2016. 更新日: Jan 13th, 2017

世界で有名な滝と言われたら、どこを思い浮かべますか? 

TABIZINEの過去記事「渡航者が教える!大迫力のイグアスの滝をもっと楽しむコツ」でも取り上げた、南米のイグアスの滝などと思い浮かべる人も居るかもしれません。ですが、やはりナイアガラの滝が筆頭ですよね。

12000年を超える大昔、氷河時代に大自然が生みだしたというナイアガラの滝、この巨大な迫力を求めて年間で1400万人ほどの旅行者が世界中から集まると言います。

今までに足を運んだ経験のある人も少なくないと思いますが、この観光名所に新しいアトラクションが誕生しました。
宙づりになってナイアガラの滝を楽しむ!カナダで新アトラクションが誕生
そこで今回は新アトラクションを運営するWild Playの公式ホームページを基に、新しく生まれたナイアガラの滝で楽しむジップラインを紹介したいと思います。


ナイアガラの滝で楽しむジップライン


ジップラインとは、景観の美しい峡谷などに長大なワイヤーを張り、その一直線のラインを滑車付きのロープで宙づりになりながら、一気にすべりおりるアトラクションになります。

日本にも富山県の立山などに有名なスポットがありますが、このジップラインがなんとナイアガラの滝のすぐ近くに完成しました。

高さ67mの地点から、ナイアガラ渓谷に沿って長さ670mのワイヤーが張られています。そのワイヤーに滑車を取り付け、ぶら下がったまま時速70kmで一気にすべりおりるアトラクション。想像するだけでワクワクしますよね。

残念ながら筆者はまだ体験していないのですが、たまたまカナダのオンタリオ州に住む友人が乗ったと言うので、話を聞いてみました。

すると「This is the best flight I’ve ever had.(今までで最高の空中遊泳だった)」と興奮気味の返答。体1つで空を飛んだままナイアガラの滝に突っ込んでいく感覚なのだとか。

ワイヤーは4本張られており、横一列で参加者の4人が一斉に空中へ飛び出します。“スマホ”で録画しながら、自分の体験を絶叫レポートする人なども居て、大盛り上がりみたいですよ。

ちなみに料金は公式ホームページによれば1回$49.99。7歳以下の子どもは体験できず、参加者の体重も23kgから136kgまでと定められています。体にフィットした服装、つま先の閉じた靴などの着用も義務付けられています。

一歩間違うと命を落としかねないアトラクションですので、安全対策には十分に力を入れているのですね。

ナイアガラの滝の基礎知識

宙づりになってナイアガラの滝を楽しむ!カナダで新アトラクションが誕生
「そもそもナイアガラの滝って、どこにあるんだっけ?」と言う方、アメリカとカナダの国境ですね。アメリカには五大湖と呼ばれる大きな湖があり、そのうちのオンタリオ湖とエリー湖のちょうど間に、ナイアガラの滝はあります。一方はアメリカのニューヨーク州、逆側はカナダのオンタリオ州ですね。近隣の主な都市はカナダ側のトロントを筆頭に、ハミルトンなどがあります。アメリカ側はバッファロー。

ナイアガラ観光局によれば、ナイアガラ周辺にはワインの生産地があり、日本語によるツアーも毎日行っているのだとか。なんとカナダの85%のワインが同エリアで作られているのそう。過去記事「世界で最もマイナスイオンを浴びられる場所「ナイアガラの滝」」でも、その魅力を触れていましたね。

肝心の行き方になりますが、基本はカナダ側からのアプローチになります。カナダ側が一般的にはナイアガラの滝の“表側”だと言われています。もちろん、上述のジップラインのアトラクションもカナダ側。トロントからバスで2時間、鉄道で2時間、タクシーで1時間30分ほどで行けます。CANADA ONE FACTORY OUTLETSというアウトレットや、Casino Niagara、Niagara Falls View Casino Resortなどのカジノも。

単に滝だけでなくさまざまな楽しみがありますので、北米旅行を考える際には、有力な候補地になりますよね。

以上、世界三大瀑布の1つとも言われるナイアガラの滝で生まれた新しいアトラクションを紹介しましたが、いかがでしたか? 冬になる前に、ぜひとも足を運んでみてください。

宙づりになってナイアガラの滝を楽しむ!カナダで新アトラクションが誕生


[Niagara Falls – WildPlay]
[ナイアガラ観光局公式]
[ナイアガラの滝 – Torontrip トロント総合情報サイト]
[Photos from shutterstock]

坂本正敬

Masayoshi Sakamoto 翻訳家/ライター
1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。大手出版社のコラムや雑誌記事、日本政府観光局の米国向けサイトなどの執筆を手掛ける。All Aboutの黒部・立山、富山の観光ガイド。通訳案内士の勉強中。


, | カナダ,北アメリカ,絶景


北アメリカのカナダ関連リンク

日本は入ってる!?【世界にポジティブな影響を与える国】TOP3 日本は入ってる!?【世界にポジティブな影響を与える国】TOP3
オーロラベルトのカナダのユーコンに今も増え続ける「標識の森」 オーロラベルトのカナダのユーコンに今も増え続ける「標識の森」
機内食 エア・カナダ エコノミークラスのサービス&機内食の評判ってどう? 機内食 エア・カナダ エコノミークラスのサービス&機内食の評判ってどう?
専門家が伝授!海外留学先に持ち込みたい必須のアイテムまとめ 専門家が伝授!海外留学先に持ち込みたい必須のアイテムまとめ
【留学特集】持ち物や費用、手続きは?短期から長期まで、すべて経験者取材! 【留学特集】持ち物や費用、手続きは?短期から長期まで、すべて経験者取材!
ときめきが止まらない!建国150周年を迎えた魅力的なカナダ ときめきが止まらない!建国150周年を迎えた魅力的なカナダ
世界が終焉する音?それとも・・・世界を揺るがすアポカリプティックサウンドとは 世界が終焉する音?それとも・・・世界を揺るがすアポカリプティックサウンドとは
息をのむ美しさにうっとり・・・一度は訪れたい世界で最も美しい村10選 息をのむ美しさにうっとり・・・一度は訪れたい世界で最も美しい村10選
建国150年のカナダ・ナイアガラでワインツアーに参加しよう 建国150年のカナダ・ナイアガラでワインツアーに参加しよう
【ランキング】日本人が行ってよかったと思う、一度は見たい海外の世界遺産 【ランキング】日本人が行ってよかったと思う、一度は見たい海外の世界遺産
1 2 3 4 5 6 7 8 9 NEXT

カナダ 北アメリカ 絶景