TABIZINE > ヨーロッパ > スペイン > エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産

2人の読者が参考になると評価
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

セビーリャの大聖堂とアルカサル

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産

オペラ「カルメン」の舞台として知られるアンダルシアの州都セビーリャ。この街のランドマークがカテドラル(大聖堂)です。15世紀初頭からおよそ100年もの歳月を費やして、モスクの跡地に建設されました。

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産

キリスト教の聖堂としてはスペイン最大、世界でも3番目に数えられる規模は圧倒的。黄金に彩色された巨大な祭壇やコロンブスの墓など見どころも多く、思わず時間を忘れて見入ってしまうほど。併設のヒラルダの塔からは、さまざまな建築様式が混在するセビーリャのエキゾチックな街並みが楽しめます。

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産

カテドラルと並ぶセビーリャの見どころが、かつて王宮として使われたアルカサル。イスラム時代の宮殿の跡地に建てられたもので、歴代の王たちによって増改築が繰り返されました。とりわけイスラム文化に心酔していたペドロ1世は、スペイン各地から職人を呼び寄せ、ムデハル様式の壮麗な宮殿を造らせました。

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産

規模こそグラナダのアルハンブラ宮殿には及ばないものの、装飾の細やかさや色鮮やかさでは決して引けをとりません。なかでも、「大使の間」の天井部分に施された黄金色の木工細工は小宇宙さながら。思わず吸い込まれてしまいそうな美しさです。

ウベダとバエサのルネッサンス様式の記念碑的建造物群

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産

「双子の都市」とも呼ばれるウベダとバエサ、2つの街にまたがる世界遺産が、ウベダとバエサのルネッサンス様式の記念碑的建造物群。いずれの街も8世紀にはイスラム勢力の支配下に置かれていましたが、13世紀前半にキリスト教徒によって奪還されました。

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産

15~16世紀にかけてウベダとバエサはオリーブの生産で繁栄し、ルネッサンス様式の美しい街並みが築かれました。最盛期の風景をほとんどそのままに残す街並みには、落ち着いた古都の風情が漂います。

エキゾチックな風景に魅せられる、アンダルシア地方で訪れたい4つの世界遺産
アンダルシアの他の街とはひと味違うルネッサンスの建造物の数々が新鮮。中世の街並みが残る美しい風景と、小さな街ならではののどかな雰囲気に心癒されるはずです。

個性豊かな世界遺産の数々が迎えてくれるアンダルシア地方。きっと、あなたも心揺さぶられる風景に出会えることでしょう。

[All Photos by shutterstock.com]

春奈

Haruna ライター
和歌山出身、上智大学外国語学部英語学科卒。2度の会社員経験を経て、現在はフリーランスのライター・コラムニスト・広報として活動中。旅をこよなく愛し、アジア・ヨーロッパを中心に渡航歴は約60ヵ国。特に「旧市街」や「歴史地区」とよばれる古い街並みに目がない。半年間のアジア横断旅行と2年半のドイツ在住経験あり。現在はドイツ人夫とともに瀬戸内の島在住。


,, | 絶景,ヨーロッパ,スペイン


ヨーロッパのスペイン関連リンク




スペイン・コルドバ郊外のひまわり畑 スペイン・コルドバ郊外のひまわり畑

シーフードパエリア シーフードパエリア
スペイン・アルテア(Altea)「サン・ミゲル通り(carrer Sant Miguel)」 スペイン・アルテア(Altea)「サン・ミゲル通り(carrer Sant Miguel)」
Benidormベニドルム「Bar Mal Pas(バーマルパ)」 Benidormベニドルム「Bar Mal Pas(バーマルパ)」
Spain Benidorm (スペイン ベニドルム) Spain Benidorm (スペイン ベニドルム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#アンダルシア #コルドバ #モスク



絶景 ヨーロッパ スペイン