TABIZINE > 観光 > 絶景 > 2千年前にタイムスリップ?アドリア海に浮かぶ「フヴァール島」/現地特派員レポート

2千年前にタイムスリップ?アドリア海に浮かぶ「フヴァール島」/現地特派員レポート

Posted by: Sasha
掲載日: Jan 7th, 2017.
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

【TABIZINE 現地特派員による寄稿】


アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」

日本の人気アニメ映画のモデルにもなったクロアチアは、青く輝くアドリア海に面し1,000以上もの島を抱えています。アドリア海に面する港町スプリットから、フェリーで1~2時間のところに「フヴァール島」があります。アドリア海といえば「海」というイメージですが、実は陸地にも実は見どころたくさん。歴史も深く「スターリグラード平原」は世界遺産にもなっています。

【タイムスリップ気分】アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」@クロアチア
約2400年の歴史を持つスターリグラード

紀元前のギリシャ時代から始まる「フヴァール島」は、オリーブとぶどうの収穫が盛んです。ワインも絶品で、最近では賞をとるワイナリーもあり世界中から注目を浴びています。

【タイムスリップ気分】アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」@クロアチア
賞なども取っているズラタンオトックのワイナリー

【タイムスリップ気分】アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」@クロアチア
【タイムスリップ気分】アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」@クロアチア
スターリグラード平原でみつけた小さな教会

地元の人が愛する小道はスクーターで風を感じて

【タイムスリップ気分】アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」@クロアチア
ギリシャ時代から続くオリーブ・ぶどう畑と石垣

このフヴァール島の平原は、マウンテンバイクやスクーターで周るのがおすすめです。スターリグラードから島の中央部にある町「イェルサ」までは、約2000年を超える石垣がそのまま残されていて、まるでタイムスリップしたかのように感じます。地元の人が『エアプレーンロード』と呼ぶ秘密の道は、舗装模されていない地元の人たちだけの道。

「なんで、エアプレーンロードなんて呼ぶんだろう?」と思ってると、本当に飛行場発見! その名のとおりでした。

イェルサとヴァルボスカは海岸沿いの道は地元の人が必ず教えてくれる、とっても眺めのいい道。ところどころにビーチがあって、休み休みに泳いでもいいかもしれません。

【タイムスリップ気分】アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」@クロアチア
イェルサとヴァルボスカを結ぶ道からの眺め

たくさん見どころが散らばっているので、寄り道をしながら回るのがお勧めだけど、小道には気を付けて。植物のトゲが沢山落ちているので、パンクする可能性大。

旅人のオススメはこちら

ゆっくり落ち着いた旅がしたいなら、スターリグラード、イェルサ、ヴァルボスカの町がオススメです。夜も遊びたい人にはフヴァールの町に宿泊。

【タイムスリップ気分】アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」@クロアチア
観光客でにぎやかなフヴァールの町

どの町にもワインテイスティングができるところがあるので、ゆっくりワインを飲みながら地元でとれたチーズをどうぞ。

【タイムスリップ気分】アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」@クロアチア
【タイムスリップ気分】アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」@クロアチア
地元でとれたチーズとワインテイスティング

アクセス:スプリットからフェリーでフヴァールかスターリグラード。スプリットからイェルサまで飛行機ももでています。

アドリア海にお越しの際には、「フヴァール島」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

【タイムスリップ気分】アドリア海に浮かぶ小さな島「フヴァール島」@クロアチア
フヴァール島からの夕焼け

Sasha

Sasha 現地特派員

, | 観光,絶景,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,クロアチア,現地ルポ/ブログ


観光の絶景関連リンク

チューリップ チューリップ
富士山と本栖湖の風景 富士山と本栖湖の風景
サンメッセ日南 モアイ広場 正面 サンメッセ日南 モアイ広場 正面


馬ヶ背 日向岬展望台 馬ヶ背 日向岬展望台
サンメッセ日南 天空への階段 天空の塔 サンメッセ日南 天空への階段 天空の塔
長野県の「高遠城址公園」 長野県の「高遠城址公園」
ザトウクジラ 奄美大島 ザトウクジラ 奄美大島

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#アドリア海 #フヴァル島