> > > > フォトツアー参加で本格的な写真を撮ってみた【アンテロープキャニオン】/現地特派員レポート

フォトツアー参加で本格的な写真を撮ってみた【アンテロープキャニオン】/現地特派員レポート

ライター: spmoon
掲載日: Feb 2nd, 2017.

アリゾナ州ナバホ居住区にあるアンテロープキャニオン、岩の波打つような曲線に光と影のコントラストが幻想的で、世界の絶景ポイントのひとつとなっている場所です。ここは誰がどんなカメラを使っても美しい写真が撮れるのですが、フォトツアーに参加してより本格的な写真を撮ってみませんか。

一般のツアーでも写真は撮れますが、大人数でぞろぞろと狭い渓谷内を移動するので他の人が写らないように撮るのは至難の技。時間もあまりないので落ち着いてシャッターを押すことがきません。
一方、「フォトツアー」の方は少人数のグループで移動、ガイドさんが人ごみをコントロールしながら撮影の時間をしっかり取ってくれるので、真剣に写真を撮りたい方は断然こちらがおすすめ。ただ写真ツアーに参加するには一眼レフカメラと三脚を持っていることが条件です。


アッパー・アンテロープキャニオン

あの有名な光のビームを撮るおすすめなのは以下の時期。

4月から9月にかけて、朝10時~お昼頃までのツアーに参加する必要があります。

ただこの時期この時間帯はとても込んでいるのが難点。
フォトツアーに参加するとペイジの町からツアートラックでキャニオンへ連れて行ってくれます。アッパーは谷底が平坦で歩きやすく、光のビームもこちらの方が撮り易いです。フォトツアーの料金は100ドル前後と高めですが、キャニオン内にいる時間も2時間と長く、きちんと写真が撮れるようケアしてくれるのでその価値はあると思います。

5月中旬、お昼頃のツアーに参加しました。

フォトツアー参加で本格的な写真を撮ろう【アンテロープキャニオン】/現地特派員レポート

光のビームの前でガイドさんが他社ツアーの人々の通行を止め、撮影スペースを取ってくれています。

フォトツアー参加で本格的な写真を撮ろう【アンテロープキャニオン】/現地特派員レポート
レンズは広角から標準ズームが使い易い。キャニオンの中は砂埃がひどいのでレンズは換えないほう良いです。

フォトツアー参加で本格的な写真を撮ろう【アンテロープキャニオン】/現地特派員レポート
(次のページに続く)


, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,現地レポート,絶景


アメリカの現地レポート関連リンク

【アメリカ】英語のメニューに困ったら。バーでつまみは何を頼んだら良い? 【アメリカ】英語のメニューに困ったら。バーでつまみは何を頼んだら良い?
もしかして変な日本人になっていると思う瞬間【米ニューヨーク在住】 もしかして変な日本人になっていると思う瞬間【米ニューヨーク在住】
ワインの名産地・カリフォルニア「ナパバレー」で楽しむワインと美食の列車旅 ワインの名産地・カリフォルニア「ナパバレー」で楽しむワインと美食の列車旅
映画「スタンド・バイ・ミー」のロケ地!旅人を魅了した幻の滝「モスブレー」 映画「スタンド・バイ・ミー」のロケ地!旅人を魅了した幻の滝「モスブレー」
【ニューヨーク現地取材】エンパイア・ステート・ビルディングの入り口が2018年8月より変更に 【ニューヨーク現地取材】エンパイア・ステート・ビルディングの入り口が2018年8月より変更に
アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター
人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき? 人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装 【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装
訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」 訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」
忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから 忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#アンテロープキャニオン #フォトツアー