TABIZINE > 北海道・東北 > 北海道 > ホテル > ルームサービスの朝食が可愛い。ロッジの世界観を再現したグランピングホテル

ルームサービスの朝食が可愛い。ロッジの世界観を再現したグランピングホテル

Posted by: akaryx
掲載日: Feb 21st, 2017. 更新日: Feb 24th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

朝食がかわいい。ロッジの世界感を再現したホテルのこだわりとは?

札幌にニューオープンした「HOTEL UNWIND(ホテルアンワインド)」は、キャンプの手間や面倒な部分をなくしキャンプそのものの魅力が楽しめる「グランピング」とよばれる施設です。

まるでオシャレなロッジのような、あたたかみのある空間。喧騒から離れた非日常感と、自由なくつろぎの自宅感両方を感じられる造りになっています。そんな「HOTEL UNWIND」の素敵な世界が味わえるこだわりポイントをご紹介。


チェックインでくつろぐ

朝食がかわいい。ロッジの世界感を再現したホテルのこだわりとは?

ホテルのチェックインは、沢山の荷物を抱えたまま並んだり、書類にサインしたり、慌ただしかったり、意外と大変ですよね。そんなチェックインも、こちらではくつろぎの時間に変えてくれます。

このホテルでは、広々としたロビーで座ってチェックインができるんです。荷物を置き、ゆったりとした気持ちで手続きができます。さらに、コーヒーなどの飲み物のサービスも。疲れた体を労わってくれそうですね。

「火」で演出したインテリアデザイン

朝食がかわいい。ロッジの世界感を再現したホテルのこだわりとは?

暖炉・薪ストーブ・ランタン・焚き火と「火」で演出したインテリアデザイン。またアンティークの家具を使うなど、細部のこだわりにも注目です。ご希望の方には薪割りや、ストーブに薪をくべる体験もできる予定だそうです。

無料のワインサービスが嬉しいBAR

朝食がかわいい。ロッジの世界感を再現したホテルのこだわりとは?

10階の「BAR IGNIS(イグニス)」。こちらは宿泊者のたまり場になっています。17時から19時は、無料のワインサービスも! ゆっくりとお酒を楽しみながら、他の宿泊者の方々とのおしゃべりを。交流を大切にするホテルならではのあたたかい雰囲気が心地よい空間です。

akaryx

akaryx エディター/ライター
東回りルートで手作りの世界一周。予算120万円、LCCや長距離バスを乗り継いだ経験は宝物。すっかり旅にはまる。「旅×Web」に興味を持ち、帰国後、東京でエディター/ライターに。自由気ままな旅がすき。旅を仕事にして世界2周目に行きたい!

,,,, | ホテル・旅館,現地ルポ/ブログ,北海道・東北,北海道,ホテル,現地ルポ/ブログ


北海道のホテル関連リンク

ホテルニューオータニ東京 ホテルニューオータニ東京




【画像】OMO7旭川by 星野リゾート シロクマルーム2 【画像】OMO7旭川by 星野リゾート シロクマルーム2




1 2 3 4 5 6 7 NEXT

#グランピング #ロッジ #宿泊 #朝食 #札幌