> > > > レトロモダンな国営アイスクリームパーラー。キビ砂糖をかけるのがキューバ流

,,,,,, | 現地レポート,キューバ,スライドショー,中南米・カリブ,観光

レトロモダンな国営アイスクリームパーラー。キビ砂糖をかけるのがキューバ流

ライター: 石黒アツシ
掲載日: Mar 15th, 2017. 更新日: May 7th, 2017

社会主義国キューバのレトロモダンなパーラーでアイスクリーム!

アメリカとの国交回復から今年で2年を迎えるキューバ。昨年は革命のレジェンドフィデル・カストロ元大統領が亡くなり、いよいよ新しいキューバの時代がやってきます。

そんなキューバの首都ハバナに50年以上前建てられた、まだ現役の国営アイスクリームパーラー「コッペリア」があります。


そのレトロモダンな建物がかわいい

社会主義国キューバのレトロモダンなパーラーでアイスクリーム!

ハバナの新市街ヴェダード地区、その中心にある公園の緑に隠れるように、この愛くるしい建物が佇んでいました。アイスクリームが大好きだったカストロ元大統領の思いが詰まったパーラーは1966年にオープン。キューバ革命で社会主義国になってから5年後のことです。

風が気持ちいい楽園に降りた宇宙船

社会主義国キューバのレトロモダンなパーラーでアイスクリーム!

1階には、弧を描く壁に向かってぐるりと長いカウンターが設置されています。壁の上部が吹き抜けているので、外の緑も風も直接感じることができます。内装はまるで宇宙船。社会主義国になったばかりの頃には、この建物はキューバの未来を感じさせてくれるものだったに違いありません。らせん状の階段を2階に上がるとテーブル席が並びます。

キューバ流アイスクリームの食べ方

社会主義国キューバのレトロモダンなパーラーでアイスクリーム!

社会主義国キューバのレトロモダンなパーラーでアイスクリーム!

この日のアイスクリームはバニラとグアバ。ショコラと呼ばれるチョコレート味の蒸しケーキも一緒に、カウンターの中にいる店員にオーダーしました。さらにキビ砂糖を振りかけて、アイスクリームと混ぜながら食べるのがキューバ流。キューバには、地元の人向けと旅行者向けの二つの通貨があります。地元の人ならアイスクリームのスクープひとつが3円くらい。外国人向けのカウンターだと25倍の約75円になります。

いい意味で社会主義のイメージが覆されるキューバ。レトロモダンな国営アイスクリームパーラーは、新しい体制の国の威信をかけてオープンして、50年以上おいしい味を守り続けています。これからキューバが変わっていっても、ここはずっとそのままでいてほしいと思いました。

[The future of Cuba’s socialist ice-cream cathedral]




[All Photos by Atsushi Ishiguro]

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro ライター&フォトグラファー
旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。


,,,,,, | キューバ,中南米・カリブ,現地レポート,現地レポート,観光,観光


キューバの現地レポート関連リンク

二つの通貨が共存するキューバ。お金の準備にご注意を! 二つの通貨が共存するキューバ。お金の準備にご注意を!
社会主義国キューバのレトロモダンなパーラーでアイスクリーム! 社会主義国キューバのレトロモダンなパーラーでアイスクリーム!
42626-06 42626-06
1