> > > 一度で二度おいしい、モロッコ旅行はパリとセットがおすすめな5つの理由

,,, | フランス,アフリカ,スライドショー,モロッコ,ヨーロッパ,旅のハウツー

一度で二度おいしい、モロッコ旅行はパリとセットがおすすめな5つの理由

ライター: 赤松春奈
更新日: Nov 27th, 2017

エキゾチックな街並みや可愛い雑貨で女性の心をくすぐってやまないモロッコ。モロッコを訪れるなら、モロッコだけを目指すのではなく、モロッコへのアクセスがよいパリとセットで訪れてみませんか。パリへの「寄り道」には、実は意外なメリットがあるんです。


一度でまったく趣の異なる2か国が楽しめる

一度で二度おいしい、モロッコ旅行はパリとセットがおすすめな5つの理由
パリとセットでの旅行を考えるなら、イギリスやドイツ、ベルギーなど近隣のヨーロッパ諸国と組み合わせたプランを組む人が多いでしょう。

ところが、いくら美しい街並みでも、ずっとヨーロッパの風景を見続けているとせっかくの感動が薄れてしまうことも。その点モロッコならば、フランスとはまるっきり違う景色や異国情緒が楽しめるので、旅の刺激やワクワクも2倍になります。洗練されたパリを旅した後に、モロッコのスーク(市場)の雑踏に揉まれるなんて、粋ではありませんか。

通り道なので時間的ロスが少ない

一度で二度おいしい、モロッコ旅行はパリとセットがおすすめな5つの理由
日本からモロッコへ行く場合、ざっくりと見ればパリは通り道。まったく違う方向に行くわけではないので、時間的ロスはわずかで済みます。

また、2017年11月現在、日本からモロッコへの直行便は就航しておらず、いずれにせよパリやアブダビ、ドバイ等での乗り継ぎが必要となるため、モロッコに行く途中にパリに立ち寄るのは合理的なのです。

日本~モロッコ間の単純往復よりも航空券が安く済むことがある

一度で二度おいしい、モロッコ旅行はパリとセットがおすすめな5つの理由
日本~パリの往復航空券とパリ~モロッコ間の往復航空券を別々に購入した場合、旅行日や発着地によっては日本~モロッコ間の単純往復よりも航空運賃の総額が安く済む場合があります。

というのも、日本~パリ間は航空会社間の競争により航空運賃が低く抑えられているのに加え、パリ~モロッコ間はLCC(格安航空会社)が就航しており、驚くほど安い航空券が見つかることがあるからです。

たとえば2017年11月は、パリ発カサブランカ行きは7000円、マラケシュ行きは3000円、フェズ行きにいたっては2000円から便が出ています。運賃は旅行日や予約タイミングによって変動しますが、パリからなら、びっくりするほど安くモロッコへ行けるチャンスがあるのです。

直行便で行ける都市が多く周遊ルートが組みやすい

一度で二度おいしい、モロッコ旅行はパリとセットがおすすめな5つの理由
地理的にも近く、またモロッコがかつてフランスの植民地であった影響もあり、パリ~モロッコ間のフライトは選択肢が豊富。日本発モロッコ行きの航空券を購入しようとすると、どうしてもカサブランカなどの大都市への便が中心になり、地方都市への便は乗り継ぎが悪く時間がかかったり、割高になったりすることが少なくありません。

しかし、パリからならば話は違います。パリからLCCの直行便で行けるモロッコの都市は、タンジェ、フェズ、ラバト、カサブランカ、マラケシュ、アガディールなど。出発地に戻ることなくモロッコを効率的に周遊するルートが組みやすいのは嬉しいかぎりです。

フランス語の予習になる

一度で二度おいしい、モロッコ旅行はパリとセットがおすすめな5つの理由
モロッコの公用語はアラビアとベルベル語ですが、地理的・歴史的背景から、フランス語も広く通じます。看板や食堂のメニュー、商品パッケージなどはフランス語が併記されていることがほとんどで、モロッコではフランス語が準公用語的地位にあるといっていいでしょう。

観光地のホテルやレストラン、土産物屋などでは英語が通じるところも多いですが、まだまだ外国語といえばフランス語が第一で、いつも英語が役に立つというわけではありません。タクシードライバーにもあまり英語が通じませんし、大衆的なレストランではアラビア語とフランス語のメニューしか置いていないこともしばしば。

そこで、パリを旅行しているあいだに、「野菜」や「肉」といった食事に関する単語や、「駅」や「鉄道」といった移動にまつわる単語など、最低限のフランス語を覚えておくととても便利。旅行中によく使う言葉をいくつか知っているだけで、モロッコの旅がぐっとスムーズになるはずです。

一度で二度おいしい、モロッコ旅行はパリとセットがおすすめな5つの理由
困った旅行者を放っておけないような親切な人が多いモロッコ。片言でも現地の人々とコミュニケーションがとれれば、忘れられない思い出がたくさんできることでしょう。

※2017年11月現在、外務省海外安全ホームページにおいて、モロッコは危険レベル1(十分注意してください)に指定されています。渡航にあたっては最新の情報を入手し、安全確保につとめてください。

[All Photos by shutterstock.com]

赤松春奈

Haruna Akamatsu ライター
和歌山出身。東京でのサラリーマン時代に旅先の長野でドイツ人のパートナーと出会い、ドイツ移住を決意。退職、5か月のアジア横断の旅を経て、2015年11月にドイツ南西部での生活をスタート。食文化の違い、ドイツ語学習に戸惑いながらも日々奮闘中。世界のリアルな「ワクワク」を多くの人に伝えたい。 blog:http://harubobo.com


,,, | アフリカ,フランス,モロッコ,ヨーロッパ,旅のハウツー