> > > > 2階層のやぐら部屋が斬新!「星野リゾート OMO5 東京大塚」がオープン!

, | グルメ,ホテル,ホテル・旅館,東京都23区,現地レポート,観光,関東

2階層のやぐら部屋が斬新!「星野リゾート OMO5 東京大塚」がオープン!

ライター: 西門香央里
更新日: May 18th, 2018

豊島区・大塚に、星野リゾートが新しいホテル「OMO5 東京大塚」をオープンしました。「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」をコンセプトにした「OMO」は、今までのホテルとはちょっと違います。今回は個性的な「OMO5 東京大塚」を徹底的にご紹介。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
外国人観光客が増え、「ホテルが足りない」と度々言われている東京。特に、新宿や渋谷などの人気のエリアは常にホテルがいっぱいなんてことも。ちょっと足を伸ばした豊島区・大塚に、この度、あの星野リゾートが新しいホテル「OMO5 東京大塚」をオープンしました。

「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」をコンセプトにした「OMO」は、この春星野リゾート OMO7 旭川からスタートしました。今回は今までのホテルとはちょっと違った個性的な「OMO」を徹底的に紹介いたします。



大塚の地元密着を目指した「OMO5 東京大塚」


2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
「星野リゾート OMO5 東京大塚」は、JR大塚駅北口から徒歩3分程度の場所にオープンしました。駅を出たらすぐに見つけられるくらい近いので便利ですね。

この「OMO5 東京大塚」の特徴は、「地元に密着している」ということ。ホテルを中心として街全体をリゾートと捉え、宿泊者にはこのホテルを中心に街に出かけて欲しいという思いがあるのだとか。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
ホテルのすぐ裏には、古民家を改造した飲み屋が立ち並ぶ「東京大塚のれん街」があり、大塚で人気のたこ焼き屋さん「上木家」などが入っています。ホテルから出たらすぐに地元密着の食事を楽しんだり、飲みを楽しんだりできるのです。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
また、都市観光旅行者向けに「Go-KINJO」という新しいサービスを提供。ホテルから徒歩圏内の「街」を深く知ってもらうために、「ご近所専隊OMOレンジャー」が「ご近所マップ」など地域と連携しながら、大塚の街を案内してくれます。

一部有料になりますが、写真スポットを中心としたお散歩コースを案内してくれる「OMOグリーン」は無料なので、どんどん利用してみたいところですね。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
ロビーの入り口には「ご近所マップ」があるので、これを見て自分でご近所散歩をするのもいいですね。「OMO5 東京大塚」に泊まったら、大塚散歩をしないと損!という気持ちになってしまいます。


室内が2階層になった「YAGURA Room」


「OMO5 東京大塚」の最大の特徴は、実は「部屋」にあります。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
まずは部屋に靴を脱いで入っていくと、奥にはローソファーが置いてあるくつろぎのスペースが見えます。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
おや?ベッドは?と思って進んでいくと脇に階段が。この階段を登っていくと…

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
実は、ベッドは部屋の中の「櫓(やぐら)」といわれているロフトの部分にあるんです!

天井は低いのですが、寝るだけなら十分な広さ。ベッドを上に置くことで、下のスペースでゆったりくつろぐことができるようになっているんです。これはいい!

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
この「YAGURA Room」は普通のホテルのツインルームと同じくらいの広さ。ですが、縦の空間を上手に使うことで、くつろぎと寝室が別に使えるというのが素晴らしいです。また、壁際にはテレビやアメニティなどが収納されており、シンプルにすっきりとしています。

今回の記者会見でも「他のホテルにはない斬新な部屋」と言っていましたが、まさにこれは目からウロコ。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
部屋にはトイレとバスルームが別々についていて、ここもポイントが高いですね。決して広くはないのですが、縦の空間を上手に使ったアイデアが素晴らしい部屋でした。

食事は明るく開放感のあるカフェでもOK!


2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
朝食はロビーフロアにある「OMOカフェ」でいただくことができます。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
サクサクのパイ生地にシチューやフルーツなどのフィリングをつめた「ヴォロヴァン」や、10種類ほどのペストリーやパン、美味しいオリジナルのコーヒーや、お茶などを用意しているそう。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
「ヴォロヴァン」は、焼きたてでサクサク。コーヒーともぴったりなのですよ。お食事系からデザート系まで用意しているので、お好きなのをどうぞ。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
また、同じビルの1階には、「eight days cafe」という本格的なオールデイダイニングも。まるで1週間が8日間に感じられるほど居心地のいい場所にしたい」というコンセプトのこのカフェでは、美味しいコーヒーと、サンドイッチが自慢です。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
お店の隣が大塚で人気のおむすびやさんということもあり、リスペクトの意を込めて、お店ではサンドイッチにこだわったそう。とくに力をいれたのがタマゴサンド。目玉焼きやスクランブルなど調理方法が選べる、タマゴ好きな人にはたまらない一品です。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
もちろん、ちゃんとしたお食事メニューもあるので、ランチやディナーにも使えますよ。

2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
天井が高く開放感がある店内なので、気持ちいい朝を迎えられます。夜はバー営業もしているそうなので、眠りにつく前の一杯にもぜひ!

リーズナブルに宿泊してゆっくり東京滞在


2階層のやぐら部屋が面白い! 「星野リゾート OMO5 東京大塚」 がオープン!
「OMO5 東京大塚」は、リーズナブルなお値段で滞在できるのもうれしいところ。部屋はどれも同じ「YAGURA Room」タイプで、2名の宿泊で大体おひとり様7,000円前後というのですから、うれしいですね。

最寄りのJR大塚駅は山手線の駅。隣は池袋駅ですし、山手線だから新宿や渋谷も近くとても便利なんです。最近は再開発も進んでいますが、周辺には昔ながらの飲み屋やお店もいっぱいあるので、ホテルの周りで楽しむのもありですよ。

東京に観光に来られた際には、「OMO5 東京大塚」で新しい東京の魅力を発見してみてはいかがでしょうか?



星野リゾート OMO5 東京大塚
〒170-0004
東京都豊島区北大塚2-26-1
https://omo-hotels.com/


[All Photos by Kaori Simon]

西門香央里

Kaori Simon ライター&フォトグラファー
東京在住フリーランスのフォトライター。K-POP、韓国事情(ソウル中心)、国内外のグルメ、街情報を中心にWebメディアなどで活動中。年3〜4回の渡韓でエネルギーを蓄えている。現在、韓国語勉強中。寄稿媒体:goo いまトピ、エキサイトなど

, | グルメ,ホテル,ホテル・旅館,東京都23区,現地レポート,現地レポート,観光,関東