> > > > ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン

Posted by: TABIZINE編集部
掲載日: Jul 13th, 2018.

最近、ご当地プリンが人気ですよね。今回は7月13日(金)、静岡県沼津に新しく誕生するプリン専門店「沼津深海プリン工房」をご紹介。「深海プリン」という名の青いジュレが目をひくプリンも。“沼津プリン”もまた、新しい定番のお土産になっていくのでしょうか。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!

最近、ご当地プリンが人気ですよね。今回は7月13日(金)、静岡県沼津に新しく誕生するプリン専門店「沼津深海プリン工房」をご紹介。“沼津プリン”も、新しい定番のお土産になっていくのでしょうか。


プリンの上にブルーのジュレ!「深海プリン」って?

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!

駿河湾の深海をイメージしたという「深海プリン」は、青い青いジュレが特徴。このジュレ、ラムネ味なのだそう。見た目のスタイリッシュさとは違って、どことなく昔懐かしい味わいがするのだとか。

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!

ラムネとプリンのコラボレーション、どんな味がするのか気になります!

プレーンや塩キャラメル、抹茶風味のプリンも

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
店内工房で作られるプリン

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!

「深海プリン」以外にもラインナップはもちろんあります。シンプルなおいしさを味わうプレーン、地元沼津で1,500年以上の歴史が続く戸田塩を使用した塩キャラメル味のプリン、静岡県産の抹茶・ぐり茶を利用した抹茶プリンなど。どれも静岡県産の美味しい素材を厳選して作られているそうですよ。

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
沼津プリン プレーン

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
沼津プリン 塩キャラメル

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
沼津プリン 抹茶

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!
深海ソフト

ブルーのジュレは、懐かしのラムネ味。プリン専門店「沼津深海プリン工房」がオープン!

沼津深海プリン工房
https://numazu-pudding.com
住所 静岡県沼津市千本港町97
※沼津港深海水族館から徒歩1分
オープン日 2018年7月13日(金)
営業時間 10時~18時
定休日 年中無休

[atpress]

TABIZINE編集部

TABIZINE Editors
「人生に旅心を」

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

人生は一瞬一瞬が心の旅。
みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINEスタッフ一同

,, | お土産,中部,静岡県,お土産,グルメ


静岡県のお土産関連リンク

東京ばな奈 東京ばな奈



ところてんの伊豆河童 ところてんの伊豆河童


玉華堂「玉華堂の極ぷりん」 玉華堂「玉華堂の極ぷりん」

熱海プリン 熱海プリン
1 2 3 4 5 NEXT

#スイーツ #プリン #専門店



お土産 中部 静岡県 お土産 グルメ