> > > > ウィーンのアメリカ人!ファッションと旅を仕事にしたルーシーさんのウォーキングツアー。

ウィーンのアメリカ人!ファッションと旅を仕事にしたルーシーさんのウォーキングツアー。

ライター: 石黒アツシ
掲載日: Nov 18th, 2018.

昔から中央ヨーロッパの中心ともいえるウィーン。もちろん最先端のカルチャーも注目すべきものが多いんです。そんなウィーンの最新のショップを歩いてめぐるツアーをオーガナイズしているのがアメリカからやってきたルーシーさんです。


ウィーンの先端ショップを巡るウォーキングツアー

オーストリアの首都ウィーンのイメージと言えば大作曲家モーツァルトに代表される煌びやかなクラッシック音楽に、名門ハプスブルク家の荘厳かつ重厚な宮廷といった建造物など、長い歴史に裏付けられた文化や遺産が思い浮かびます。

今でも中央ヨーロッパの中心ともいえるウィーン。もちろん最先端のカルチャーも注目すべきものが多いんです。

そんなウィーンの最新のショップを歩いてめぐるツアーをオーガナイズしているのがアメリカからやってきたルーシーさんです。

ヴィーデン(第4区)には気になるショップがいろいろ

ウィーンの中心部はインネレシュタット(第1区)で、そのすぐ南がヴィーデン(第4区)です。ヴィーデンの中でも1区に近い北側に、ルーシーさんが教えてくれる気になるお店がありました。食料品店からアパレルまでいろいろですが、一部を紹介しますね。


オーガニックの新鮮な食材を売るLGVGärtnergschäftlでは野菜だけでなく、デリも併設されていて、ランチにも利用できます。


2軒隣のStattgartenは家庭用雑貨の店。かわいくて実用的なキッチングッズやおしゃれなホウキまで、見るだけでも楽しいお店です。


Feinedingeは食器などの陶器を作成する工房のショップで、独特な落ち着いた質感とデザインが楽しいお店です。

アメリカからやってきたルーシーさんの興味深い半生


さて、ルーシーさん。黄色のコートにハンチングという素敵なファッションで登場し、ツアーの参加者を元気にリードしてくれました。どんな方かとお話を伺ったら、とても興味深かったんです。

ルーシーさんの父親はオーストリア人、母親はハイチ出身。ニューヨークで育ったルーシーさんは、20代にはツーリズムを学び旅行代理店で働き始めますが、あらためてクリエイティブな仕事をしたいと30歳で広告デザインのスクールに通い始めました。その後、撮影スタジオで働くようになり、ファッションスタイリストとして活躍するようになります。アメリカのみならず、世界を旅して仕事をするようになりました。

オーストリアには幼いころから何度か旅していましたが、2002年の旅では現在のオーストリアに住むご主人と出会い、3年の遠距離恋愛の末、思い切ってオーストリアに移り結婚。


仕事も友達もなく、すっかりゼロからのスタート。そんな時に街を歩いていて、たくさんの魅力的な店を見つけたルーシーさん。そして、2008年には「Shopping with Lucie」というウォーキングツアーをオーガナイズするようになりました。旅とファッションの両方をミックスしたんです。

「どんな時でも、Naturalに自分らしくいることがとても大事。どんなことでもできると思っていれば、道は開けると思うの。」と、よく通る元気いっぱいの声で教えてくれましたよ。

NPOが運営するお店もおしゃれでかわいい!

愛着がたっぷり出ちゃいそうなファッション小物


schön & gut は障碍者に職業訓練を提供して、かわいいファッションアイテムや文房具などを製造販売するNPOが運営するショップ。カフェも併設しています。


こんなかわいい巾着袋がぶら下がっていました。


洋服や、キャップやバッグに、ぬいぐるみなどもあって、どれも愛着がわきそうなデザインのものばかりです。


ショップと同じ建物に工房があって、職人さんたちが商品を作成していました。多様な人たちが一緒に生活をしていて、とっても魅力的です。

ドラッグから立ち直る人と廃棄物を材料に新アイテムを


この色鮮やかなバッグは gabarage upcycling designのもの。このショップもNPOが母体です。材料は廃棄物の再利用。プラスティックのファイルはバッグに、ボーリングピンは花瓶に、エスカレーターの階段部分をソファにと、新しいデザイン製品が生まれています。他にもジュエリー、アクセサリー、家具、ランプなどが素敵で、リサイクル以上に新しい価値を生み出した、素敵なアップサイクリングなんですね。


職人さんたちの中には、薬物依存症だった人たちもいて、このショップが社会復帰をサポートしています。それぞれが仕事を請け負って製作した商品がショップに並びます。


リメイクされた洋服も、新しいデザインに生まれ変わっています。リサイクルじゃなくてアップサイクル。素敵なコンセプトでした。

ちょっとウィーンのイメージが変わったでしょうか。最先端のウィーンを知るなら、その土地の人に聞くのが一番。英語でのツアーですが、思い切って参加してみれば、きっと楽しめると思います。

[Shopping with Lucie]

[All photos by Atsushi Ishiguro]
Do not use images without permission.

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro ライター&フォトグラファー
旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。


,,, | お土産,オーストリア,ヨーロッパ,現地レポート/ブログ,現地レポート/ブログ,観光,観光


オーストリアのお土産関連リンク

217457-5 217457-5
212544-24 212544-24
212332-11 212332-11
213037-14 213037-14
1

#ウィーン #ツアー #ファッション #雑貨