> > > > 50年以上のロングセラー!ドーナツやチョコレートじゃない“ようかんぱん”【地元グルメ】

50年以上のロングセラー!ドーナツやチョコレートじゃない“ようかんぱん”【地元グルメ】

Posted by: わたなべ たい
掲載日: Dec 20th, 2018.

富士市の人なら誰もが知っている名物パンが「ようかんぱん」。50年以上のロングヒット商品として地元の人に愛される菓子パンで、ひと口食べれば、その味が記憶される強烈な個性をもった地元パンです!

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

富士市名物のようかんぱん
富士市の人なら誰もが知っている名物パンが「ようかんぱん」。50年以上のロングヒット商品として地元の人に愛される菓子パンで、ひと口食べれば、その味が記憶される強烈な個性をもった地元パンです!


漆黒のあま~い“ようかん”がかかった和と洋の出会い


地元パンのようかんぱん
ドーナツ? チョコレート? と思うこのビジュアル。実は上にかかっている漆黒の物体の正体は、“ようかん”なんです! この和と洋の出会いは1960(昭和35)年にまで遡り、その頃から富士市民に愛され続ける超ロングヒット商品。

ロングヒット商品のようかんぱん
ふんわりとしたパンの中央には白いバニラクリーム。中には粒あんが入っており、なんとも懐かしくて優しい、素朴な風味が楽しめます。バニラクリームが今時ではないバタークリームのような濃厚な味わいで、この甘さがアクセントになって、ようかんぱん210円をひとつに上手にまとめています。ビジュアル的にも、なんとなく富士山のようではありませんか。

ようかんぱんはお土産屋さんなどで販売

ようかんパンの親戚は冬季限定発売の“白いようかん”


白いようかんぱん
“ようかんぱん”の発祥は静岡県といわれていて、静岡県東部の複数のパン屋で作られていたそうなんですが、製造工程が複雑で、手間がかかるため、現在では「富士製パン」1社のみに。過去には、「富士のふもとのグルメコンテスト2009」で、パン部門グランプリを受賞したこともある実力ある地元の名物パン。

デニッシュ生地の白いようかんぱん
そんなようかんぱんの進化系が、「白いようかんぱん」240円。ネーミングも実にシンプルで、わかりやすいッ! クロワッサンというよりはデニッシュのような生地の上に、白いようかんがかかり、中央にはバニラクリーム、中にはクルミ入りの白あんが隠れており、サクサクとした軽い食感に、クルミの粒が程よいアクセント。餡とパン、和と洋の絶妙な出会いが口の中で踊ります。白いようかんパンは、10~2月までの冬季限定販売になるので、この時期に富士市を訪れたなら、ぜひゲットしてください。“ようかんぱんだ”キャラクターのパッケージも可愛いでしょ!

パンダが描かれたパッケージ
販売は工場直営の売店のほか、静岡駅の「キヨスク」、新富士駅の「あれこれ屋」などで販売されています。

◆富士製パン株式会社(直営店)◆
【住所】静岡県富士市蓼原1178-3
【営業時間】11:30~15:30
【定休日】木・金のみ営業(祝日の場合は休み)
【アクセス】岳南電車「ジャトコ前駅」より徒歩22分
【HP】富士製パン 


話題のご当地パンが気になるあなたは、『関西に行ったら食べてみたい! 関東では珍しいパン3選』『「マツコの知らない世界」で紹介されたおすすめ地元パン!【お土産にも】』なども要チェックですよ!



[All Photos by tawawa]
Do not use images without permission.

わたなべ たい

TAI WATANABE ライター・エディター・ディレクター
10代のころ、自転車でメキシコ・グアテマラを縦断し多くのことを学ぶ。それをきっかけに情報誌・旅行誌の取材を通じて、中南米・カリブ海を中心に世界各国で豊富な取材を経験。海外を見てきたからこそ日本は大好き! 紙とWEB、ふたつの媒体特性に精通した複眼的視点を持っている。

| お土産,グルメ,グルメ,中部,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,静岡県


静岡県のお土産関連リンク

271500-01 271500-01
HARD TRUFFLE~春季限定~ HARD TRUFFLE~春季限定~
BonBonBERRY 熱海ハウス BonBonBERRY 熱海ハウス
255211-01 255211-01
深海プリン 深海プリン
249696-01 249696-01
245859-01 245859-01
掛川お茶メロンパン 掛川お茶メロンパン
244656-14 244656-14
237961-01 237961-01
1 2 3 4 NEXT

#ご当地パン