> > > > ロンドンのお土産探しに。リバティプリントの聖地、老舗デパート「リバティ」現地ルポ

ロンドンのお土産探しに。リバティプリントの聖地、老舗デパート「リバティ」現地ルポ

Posted by: 北川菜々子
掲載日: May 29th, 2019.
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ロンドンには、ハロッズ、フォートナム&メイソンなど、いくつもの老舗デパートがありますが、その中でも独特のポジションを維持する老舗デパートがリバティです。リバティは、木造建築の建物が一際華麗。一見の価値があります。そして、リバティプリントだけでなく、オリジナルの雑貨商品も多く、お土産探しには理想的な場所。そんな老舗デパートリバティをリポートします。


豪華な建築物


1924年に建てられたリバティの木造建築は、ロンドンの中でも異色。イギリスというよりは大陸ヨーロッパの建築物を彷彿させます。


デパート内に足を踏み入れると、木造建築の美しさに思わず、息を飲みます。リバティの持つ歴史の息吹きが感じられるよう。


最上階に上がると、このような豪華なシャンゼリアが目に入ります。リバティという空間に華を添えています。

リバティは細部にまでこだわりを持って建設されています。買い物の最中に、ふと建物内部に視線を移すと、木造の彫刻や窓の小さなステンドグラスなどが目に入ります。このようなこだわりが、リバティ独特の世界観を作りあげているように感じられました。

リバティファブリック


リバティを訪れて、印象的だった一つのことは、リバティファブリックの豊富さ。リバティファブリックって種類の多さには驚きの連続でした。リバティファブリックは、測り売りだけでなく、カットクロスも販売されているので、お土産にも購入しやすくなっています。

リバティの雑貨


リバティにはリバティ雑貨もあります。ステーショナリーアイテムからキッチン雑貨まで、オリジナル商品が展開されています。これらの商品は基本的にリバティファブリックをモチーフとしたもので、リバティファンなら喜ぶものばかりです。


一階にある雑貨コーナーは、可愛らしい紙雑貨の宝庫です。雑貨好きならじっくりと見てみたくなるほど、セレクトが素晴らしいのです。リバティオリジナルのノートなども販売されています。


キッチン雑貨は、リバティプリントのモチーフの食器やお盆、ティータオル、水筒などがありました。どれも目を惹く可愛らしさです。

リバティの食品


リバティはクッキーやチョコレート、紅茶、コーヒーなどのオリジナルの食品も展開しています。どの食品も、パッケージが可愛らしいのが特徴。お菓子の箱もキュートなので、インテリアの一部として飾っておきたくなるほどです。

リバティオリジナルの鞄やスカーフも!


リバティには、リバティオリジナルの鞄やスカーフも販売されています。大胆なデザインが印象的でした。

リバティは、リバティファブリックが好きな人は勿論、そうでない人で一度は訪れてみる価値のあるデパートです。日本ではなかなか購入することのできない、リバティオリジナルの雑貨も豊富に取り揃えてあるので、お土産探しにもぴったりの場所です。

[All photos by Nanako KITAGAWA]

ロンドンのお土産については、以下の記事も要チェックです!
『可愛くて、美味しい。ロンドンのお土産クッキー5選』
『【現地ルポ】大英博物館で見つけた、気になるお土産20』

北川菜々子

Nanako Kitagawa ライター
2007年よりフランス在住。パリ第八大学大学院を卒業。専攻は文化コミュニケーション。趣味は映画、読書、写真、雑貨、料理、街歩き、カフェ巡り。初めて訪れたその日からすっかりパリの街に魅了され、今日も旅をするようにパリの街を歩き回る。


, | お土産,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,イギリス,お土産,グルメ,現地ルポ/ブログ,観光


イギリスのお土産関連リンク


The Astrology Shop The Astrology Shop
ロンドンのflying tiger ロンドンのflying tiger
ブリクストン ブリクストン
ロンドンのアイシング・クッキー「BISCUITTERS」 ロンドンのアイシング・クッキー「BISCUITTERS」

Whitstable Oyster Compan Whitstable Oyster Compan
大英博物館のおみやげ 大英博物館のおみやげ
ホクストン・ベイクハウス ホクストン・ベイクハウス
サー・ジョン・ソーンズ美術館 サー・ジョン・ソーンズ美術館
1 2 3 NEXT

#ばらまき土産 #ロンドン