> > > > 大人女子旅からバックパッカー旅まで!幅広く楽しめるボルネオ島の魅力【マレーシア 】

大人女子旅からバックパッカー旅まで!幅広く楽しめるボルネオ島の魅力【マレーシア 】

Posted by: AYA
掲載日: Feb 21st, 2020.

東南アジアのリゾート地というイメージが強いボルネオ島。この世界で3番目に大きな島であるボルネオ島はリゾートだけでなく熱帯雨林、野生動物などの自然から、日本にはないお店が入っているショッピングモールまで、お手軽に幅広いタイプの旅行を楽しめる島なのです! 北部マレーシアサバ州を中心にそんな魅力いっぱいのボルネオ島を紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

サピ島
(C)AYA


ボルネオ島ってどんなところ?

ダナンバレー
(C)AYA

フィリピンの南、東南アジアにある世界で3番目の面積を持つボルネオ島。このボルネオ島、北部はマレーシア、南部はインドネシア、そして北部の一部がブルネイ・ダルサラームという一つの島に3つの国が存在するという、何ともユニークな島なのです。また、世界で最も多く領地がある島とも言われています。

手つかずの自然、海、熱帯雨林にジャングルなど自然の魅力もいっぱいですが、北部マレーシアのサバ州にあるコタキナバルはリゾート地として開発も進み、ショッピングやスパなども楽しめます。

アクセス
日本からボルネオ島(コタキナバル)
成田から直航便で約6時間。
成田、関空、新千歳、福岡からクアラルンプール経由(約7時間)で国内線に乗り継ぎ(約2時間半)。
最近は韓国のLCC会社がソウルーコタキナバル間のフライトを巡航しているので、ソウル乗り継ぎも安くて便利です。もちろん、ソウル以外のアジア各地からも乗り継ぎでもアクセス可能。

ボルネオ島の玄関口「コタキナバル」ってこんなところ!

コタキナバル
(C)AYA

第二次世界大戦時には日本軍の占領下にもなっていたコタキナバルですが、現在は東南アジアのリゾート地として日々発展を遂げている街です。

コタは街、キナバル山をアキナバル=祖先の霊が眠る山ということから、コタキナバルはキナバルの街という意味のようです。Kota Kinabaluの頭文字を取って地元の人はKKの愛称で呼んでいるので、覚えておいてくださいね。

玄関口となる街なので観光客も多く、ショッピングモールやホテルなども中心部に集まっています。中心部から徒歩圏内にある観光スポットとしては、第二次世界大戦の戦火を逃れたアトキンソン時計台があります。

アトキンソン時計
(C)AYA

I♡KKのモニュメントも。

I love KK
(C)AYA

中心部から少し離れますが、州立モスクや展望台などの見所も点在しています。市内の観光地はさほど多くないので、1日あれば充分なくらいです。

観光客も多いので治安はそんなに悪くないですが、夜遅くには一人で出歩かない、人通りの少ない路地は避ける、スリに遭わないよう手荷物に気を配る・・・など、最低限の注意さえ払っていれば安全に過ごせる街でした。

「山好き!海好き!買い物好き!」どんな旅も叶えてくれるボルネオ島サバ州

そんなコタキナバルを中心とするサバ州ですが、市街地から出ると自然の魅力いっぱいの場所です。熱帯雨林に行ったり、ダイビングに行ったりと基本的にはコタキナバル発や現地発のツアーに参加するのが一般的です。

山・トレッキングが好き、動植物をたくさん見たい、という人におすすめのスポット

猿
(C)AYA

世界自然遺産にも登録されているマレーシア・東南アジア最高峰のキナバル山(4,095m)に1泊2日で登山するのもいいですし、少し足を伸ばしてキナバタンガン川でリバーサファリクルーズに参加したり、手つかずの原生林が残るダヌンバレー森林保護区でオランウータンを探してトレッキングしたり・・・いくつかの森林保護区をハシゴするのもいいですね。

海が好き、ビーチでのんびりしたい、という人にぴったりなのは島での宿泊

サピ島
(C)AYA

コタキナバルからボートで20分以内でアクセスできるいくつかの島からなるトゥンクアブドゥルラマン国立公園でアイランドホッピングを楽しんだり、セパンガール島でプライベート感満載のビーチを独り占めしたり・・・この機会にダイビングのライセンスを取るのもいいですね!

現地の人によるとサバ州東部のセンポルナという町やシパダン島もダイナミックな地形でタイビングスポットとしてとても有名な場所なのですが、最近は渡航禁止の注意勧告も出ているのでお勧めはできません。ただ注意勧告が解除されたらぜひ訪れたい場所の一つでもあります。

買い物が好きなら、ハンドクラフトから有名海外ブランドまで買ってショッピングを楽しもう

スリヤサバ
(C)AYA

コタキナバル中心部には伝統工芸品を売るマーケットから、海外ブランドが入っているショッピングモールまで幅広く買い物が楽しめます。

丸一日過ごせそうな大きなショッピングモール「Suriya Sabah(スリヤサバ)」から、地元の人の手作り工芸品を売るハンドクラフトマーケットに、果物や地元の食材が買える市場など、いろんな市場やモールを巡る1日を過ごすのもオススメ。

様々なスタイルの旅が楽しめるボルネオ島サバ州。あなたはボルネオ島でどんな旅を楽しみますか?

AYA

aya ライター
海、山、岩と、とにかく自然と遊ぶのが大好きで、常にワクワクすることを探し世界を旅するバックパッカー。世界一周、フランスでのワーキングホリデーを経験し、渡航国は33カ国。砂漠に、火山に、野生動物との出会い・・・旅したからこそ出会えた人、見えたもの、知れたことなど発信していきます!


,,, | 観光,現地ルポ/ブログ,マレーシア,現地ルポ/ブログ,観光


マレーシアの現地ルポ/ブログ関連リンク

ラブアンフェリー ラブアンフェリー

レンタルスペース レンタルスペース
レッドリーフ レッドリーフ
スリヤサバ スリヤサバ
ホテルベッド ホテルベッド




1 2 3 4 5 6 NEXT

#バックパッカー #女子旅 #旅 #海外旅行