TABIZINE > 豆知識 > 恐ろしい「旅太り」を避ける5つの方法とは?【意識改革で簡単に回避OK】

恐ろしい「旅太り」を避ける5つの方法とは?【意識改革で簡単に回避OK】

Posted by: Nao
掲載日: Jun 20th, 2022.

各地で旅行の割引キャンペーンが実施されているなか、2022年6月10日(金)にはついに東京都民割引「もっとTokyo」も再開されましたよね。旅を楽しめる環境が整いつつありますが、そこで気になるのが「旅太り」ではないでしょうか?そこで今回は、全都道府県を旅した経験のある筆者が自ら実践してきた「旅先で太らないための方法5選」を紹介します!

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

国内旅行


【対策その1】朝食ビュッフェで欲ばらない

朝食ビュッフェ
旅の楽しみといえばホテルの朝食ビュッフェもそのひとつ。非日常の朝という高揚感も手伝って、あれもこれもとお皿に取ってしまうことはないでしょうか? 特に和食と洋食どちらもそろう日本のホテルでは、ついつい両方を食べてしまう人も多いかもしれません。

ポイントは、料理を取る前にまず並んでいる料理をひと通り見ること。続いて名物や目玉料理を中心にしつつもパンやご飯、肉や魚、サラダ、フルーツとバランスよくいただきましょう。普段の朝食と同じくらいの量を意識してピックアップすれば、食べ過ぎ防止につながりますよ。

【対策その2】朝食後はできるだけ早く行動開始

エクササイズ
仕事や家事など、いつもの慌ただしさから解放される旅先の朝。朝食後にのんびりとベッドやソファでくつろいでしまうことはないでしょうか?

ですが午前中に体を動かすと、その日の代謝が上がりカロリー消費量もアップするといわれています。朝食を食べ終わって身支度を整えたら早々と出かけたいところです。あるいはホテルの敷地を散歩したり、部屋でストレッチやスクワットなど簡単な運動をするものもおすすめ!

【対策その3】野菜や発酵食品を多く摂るように意識する

野菜
旅行中はどうしても食生活が偏りがち。特に食物繊維が不足することで便秘を招きやすくなり、さらに体がむくみやすい状態に陥ってしまうことも。

レストランなどで食事をする際には、食物繊維を多く含む野菜や海藻がたっぷり入った料理を積極的に選びましょう。また、ヨーグルトなどの発酵食品を摂るように意識するのも効果的だとされています。

【対策その4】とにかく歩く!

街を歩く
旅行太りを回避するのに欠かせないのが「歩くこと」。食べすぎてしまった時などは、なおさらたくさん歩くように心がけたいものです。

歩くことで、電車や車では出会えなかったお店や景色を発見できることも多いはず。あえて地図を使わずに、冒険気分で知らない土地をブラブラするのも楽しいですよね。

【対策その5】フィットネス設備がある宿を選ぶ

フィットネス
街歩きが難しい旅先では、フィットネス設備が利用できるホテルを選ぶのがおすすめ。ウォーキングマシンで早歩きするだけでもエネルギー消費や脂肪燃焼を期待できますよ。プールがあるホテルならば、ぜひたっぷり泳ぎたいところ。

旅行中はもちろん、日頃からも上記のような習慣を取り入れておくことが大切です。食生活やライフスタイルを見直して、旅行に行っても太りにくい体質を目指してみるのもいいかもしれませんね。

[All photos by Shutterstock.com]

Nao

Nao ライター
メーカー、ITベンチャー勤務を経てフリーランスに。
学生時代から旅を続け、渡航国は現在50カ国。
特技は陸路国境越え。グルメレポート翌日に大学の最先端研究を取材したり、ロシア州知事にインタビューしたり。幅広い対応力とフットワークの軽さが自慢。日本ソムリエ協会認定資格ワインエキスパート保有。



,, | 豆知識


豆知識関連リンク

上司に褒められる部下 上司に褒められる部下



扇子で涼む人 扇子で涼む人
ポケットに入れたスマホ ポケットに入れたスマホ
地図記号・史跡 地図記号・史跡
ファンは取り外して洗えるため、いつでも清潔 ファンは取り外して洗えるため、いつでも清潔
のれんのイメージ のれんのイメージ
長野県御嶽山二ノ池1 長野県御嶽山二ノ池1
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ダイエット #ビュッフェ #フィットネス



豆知識