> > > 死ぬまでに、この目で見たい「メキシコの絶景」

, | メキシコ,中南米・カリブ,旅のハウツー,観光

死ぬまでに、この目で見たい「メキシコの絶景」

Dec 22nd, 2013

絶景の宝庫、メキシコ

日本の国土の7倍近くの広さがあるメキシコには、自然や歴史によって生まれた絶景の宝庫。
そのなかから、一度は訪れてみたい選りすぐりの絶景スポットを案内します。

太古から脈々と続く神秘の泉、セノーテ

カリブ界の世界的リゾート地、カンクンがあるユカタン半島には、石灰岩大地に開いた穴に数百年かけて地下水が溜まって出来る泉、セノーテ(Cenote)が1000以上あります。神秘的な沼という感じですが、潜ってみると、その透明度の高さに驚かされます。

死ぬまでに、この目で見たい「メキシコの絶景」

長い歴史をかけてできた泉、セノーテ ©Miho Nagaya

グランドキャニオンの約4倍の大きさ、バランカス・デル・コブレ

チワワ州のシェラ・タラウマラにある峡谷、バランカス・デル・コブレ(Barrancas del cobre)は、海抜1500~2400メートルの山脈にある6つの峡谷からなる地帯で、全体でおよそ6万平方キロメートル。なんと、アメリカのグランドキャニオンの4倍の大きさがあります。

死ぬまでに、この目で見たい「メキシコの絶景」

峡谷の深さは1300メートルで、最も深いところでは1890メートルにおよぶとか ©Miho Nagaya

死ぬまでに、この目で見たい「メキシコの絶景」

ピエドラ・ボラーダ(飛ぶ石)と呼ばれるぐらぐら動く巨石 ©Miho Nagaya

自然が作り上げた彫刻、イエルベ・エル・アグア

オアハカ州のミトラ近郊の渓谷にあるのが、イエルベ・エル・アグア(Hierve el agua)。高濃度のミネラル成分を含んだ水が、岩を溶かして、数千年かけて炭酸カルシウム化したことにより、まるで石の滝のようになっています。高さ約30mの滝の上には、天然のプールがあり、泳ぐことができます。

死ぬまでに、この目で見たい「メキシコの絶景」

芸術作品のような石化した滝 ©Miho Nagaya

死ぬまでに、この目で見たい「メキシコの絶景」

緑のなかにこつ然と現れる滝 ©Miho Nagaya

死ぬまでに、この目で見たい「メキシコの絶景」

今でもわき水が出ている ©Miho Nagaya

死ぬまでに、この目で見たい「メキシコの絶景」

天然のプールで絶景を堪能 ©Miho Nagaya

Miho Nagaya

TABIZINEをフォロー

2017年4月1日よりTABIZINEのSNSアカウントが新しくなりました。 読んだら旅に行きたくなる、そんなTABIZINEの記事をSNSでも配信してまいります。 ぜひご登録をお願いいたします。

, | メキシコ,中南米・カリブ,旅のハウツー,観光


気になる国の記事を検索!