> > > > 死ぬまでに行きたい!世界の変わった博物館、勝手にベスト5!!

| 観光,アジア,アメリカ,イギリス,クロアチア,メキシコ,ヨーロッパ

死ぬまでに行きたい!世界の変わった博物館、勝手にベスト5!!

ライター: 目黒沙弥
更新日: Jun 30th, 2017

いつだって好奇心を刺激し見る人を魅了する博物館ですが、世界中にはちょっと変わった不思議な博物館が数多く存在します。正直「一体誰のために? 何のために?」と思ってしまうものもありますが、そんななかから厳選して5つをご紹介いたします。


1. トイレットシート博物館(アメリカ)

死ぬまでに行きたい!世界の変わった博物館ベスト5 (C) Barney Smith’s Toilet Seat Art Museum

オーナーであるバーニーズ・スミス氏が、30年以上にも渡って採集したトイレシートを自らデコレーションをして展示しているという博物館。なんとも発想がアメリカらしいですが、なんとここに展示されているトイレシートの数は1000にも及びます。可愛いキャラクターをあしらったものから芸術的なものまでそのデコレーションは多岐に渡り、コアなファンの心を惹きつけて離しません。「でもなんでトイレのシート?」なんていう質問はここでは禁止な気もしますが、気になる方は直接聞いてみても良いかもしれませんね。

Barney Smith’s Toilet Seat Art Museum
住所: 239 Abiso Ave, Alamo Heights, TX 78209-5103
電話番号: 210-824-7791


2. リプリーのビリーブ・イット・オア・ノット博物館(韓国)

死ぬまでに行きたい!世界の変わった博物館ベスト5 (C) Believe it or not Museum

アメリカの漫画家であり探検家であるロバート・リプリー(1890-1949)が世界198か国の旅路で手に入れた世界中の「変なもの」をただただ紹介しているというこの博物館。博物館の外観や名前からしてすこし怪しげですが、展示されているものは人間の骨で作ったという衣服や本物の宇宙服、あの伝説のロックスター・エルヴィスプレスリーの毛など度肝を抜くものばかりです。統一性はまったくありませんが、己の固定観念を壊したい方にはぴったりの場所かもしれません。

Ripley’s Believe it or not Museum
住所: 2864-2 Saekdal-dong, Seogwipo-si, Jeju-do, South Korea
電話番号: +82 64-738-3003


| アジア,アメリカ,イギリス,クロアチア,メキシコ,ヨーロッパ,中南米・カリブ,北アメリカ,観光,観光,観光,観光,観光,観光,韓国