> > 血液型占いは差別!?血液型にまつわる海外の視点について調べてみた

,,, | 旅のハウツー

血液型占いは差別!?血液型にまつわる海外の視点について調べてみた

Mar 3rd, 2014

血液型占いは差別!?血液型にまつわる海外の視点について調べてみた

日本人にとってあまりにも身近な血液型


例えば、誰かと知り合って少し仲良くなってくると「血液型なに?」というのは、日本人にとってはよくあること。パートナーにイライラしても、上司にムカっときても○×型だから仕方ない。なんて、納得したり。でもこれ、日本だけの常識だと知っていましたか?

海外は血液型分布のバランスがよくない


日本人のABO式血液型のバランスは大まかに言うとA:40%、O:30%、B:20%、AB:10%となっているそうです。これ、世界的に見るととってもバランスのいい数字。

純血のブラジル人やペルー人は100%がO型ですし(混血は違います)、インド人はB型が多く、40%に登ります。逆にアメリカにはBとABは合わせても15%ほどしかいません。世界的にはO型が一番多く、O型の少ない地域ではB型が増えるようです。

日本のように偏りのない国はそう多くないため、血液型占いができないんですね。

キタガワ

,,, | 旅のハウツー


気になる国の記事を検索!